費用としてのウェブサイト - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

費用としてのウェブサイト

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
見えざる資産〜ウェブサイトの資産価値とは?〜

費用としてのウェブサイト



ウェブサイトを費用と見る見方もあります。
キャンペーンページなんかはその典型ですが、
短期勝負で、そのコスト(作成や運営、広告など)からいくら収益をあげるかが問われる場合、
費用として考えた方がいいでしょう。

企業の命題は利益をあげることですから、
売上ー原価ー目標利益が費用の範囲になります。

目標売上を設定することが大事で、
ECではなく、問合せなどの場合はその価値をあらかじめ算定し、
そこから投資効果を計るといいでしょう。

また、どこに費用をかけるか(広告かどのページか)を
考える上で、アクセス解析は欠かせません。

また、LPOにより売上効果を高めることも出来ます。


経営者のためのホームページ制作会社「環」

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「見えざる資産〜ウェブサイトの資産価値とは?〜」のコラム

資産としてのウェブサイト(2008/01/29 23:01)