中小企業経営に活かすスマートフォン活用術 2 - PCサポート・IT環境全般 - 専門家プロファイル

清水 圭一
日本クラウドコンピューティング株式会社 
東京都
IT経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:PCサポート・IT環境

田中 紳詞
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)
小坂 淳
小坂 淳
(ウェブ解析士マスター)
田中 紳詞
(経営コンサルタント/ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

中小企業経営に活かすスマートフォン活用術 2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. PCサポート・IT環境
  3. PCサポート・IT環境全般
中小企業のスマートフォン・タプレット活用

 スマートフォンはクラウドで効果倍増

ビジネスでスマートフォンを利用する場合、スマートフォン単体やアプリだけでは、出来ることも効果も限られています。スマートフォンを活用する時に無くてはならないものが、「クラウド」なのです。クラウド上にデータを置いて、スマートフォンだけではなく、パソコンやタブレット端末など、複数の端末で同じデータを閲覧、変更出来るクラウドは、スマートフォンと非常に相性がいいのです。

 

スマートフォン活用の第一歩は電子メール

この一例として、電子メールが挙げられます。メールには、二種類のシステム形態があり、一つは、POPと言われるメールをダウンロードする形態のもの。もう一つが、IMAPと言われる、受信、送信、フォルダー、ゴミ箱を全てクラウドにあるサーバー上に置く形態のものです。このIMAP方式は、全ての情報がクラウド上にあるので、スマートフォンで送受信したメールやフォルダーに仕分けしたメールも、パソコンやタブレット端末からも見ることが出来ます。つまり、従来のPOP型のように、パソコンで送受信したメールは、送受信したパソコンでしか見ることが出来ないという不便さが解消されているのです。


当社は元々、GoogleAppsというIMAPのメールサービスを使っていましたので、さらにメールをスマートフォンで使う様になってから、仕事でも効果が出始めました。例えば、数年前にお客様にパソコンからメールでお送りした提案書などを、今すぐ、確認したい場合も、スマートフォンを取り出してメールを検索すれば、クラウド上に蓄積されている膨大な数のメールから、そのメールを見つけ出して表示されます。スマートフォンは、記憶出来る容量も限られていますので、実際のデータはクラウド上にあり、メールを呼び出すことと、それを表示することだけにしているのです。こうすることによって、営業担当者であれば、顧客から数年前のやり取りについて問合せを受けても、すぐに対応し、必要であれば、スマートフォンを使って、その場で返信をメールで送ることが出来るのです。実際に、当社では、お客様や取引先、従業員同士のメールであっても、いつでも、どこでも、どんな時でもスマートフォンで送受信が出来るため、コミュニケーションの速度が上がり、仕事自体のスピードアップにも大きく貢献しています。

 

このコラムに類似したコラム

中小企業経営に活かすスマートフォン活用術 3 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2012/09/21 07:00)

中小企業経営に活かすスマートフォン活用術 1 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2012/09/19 22:18)

なぜ、中小企業はGmailを使ったほうがいいのか? 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/07/29 02:25)

いつでも、どこでもメールで仕事が出来ていますか? 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/07/28 16:12)

中小企業がOffice系クラウドサービスを上手く使うには?その2 清水 圭一 - IT経営コンサルタント(2010/07/13 07:00)