建築工事で行き違いを無くす方法 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

建築工事で行き違いを無くす方法

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

建築工事の中で最も多いトラブルは、意思の疎通が上手く出来ずに思いと違ったものが出来上がってしまう事です。

カタチのあるものを見てから買う事が出来ないのが、注文住宅の大きな問題点です。現実には何も無い状態で、図面だけを見てそれに値段を付けて「安い」とか「高い」とか云っているのですから、云っている本人さえ、安いのか高いのか判断しかねる場合もあります。

話し合いの過程の中で、「今契約して頂ければ、この工事はサービスします。」みたいな表現が良く業者の口から飛び出しますが、工事が進むにつれて実行されていない事に気付き、問い詰めると「契約時の値引き交渉の中で相殺しました」とか「過程の中でそんな話しもしましたが、契約までに請け負い金額が変更になっているのでサービスは無理です」とか云われてトラブルへと発展してしまいます。

こんな時の防衛方法はただ一つです。議事録を業者に作成してもらう事です。建築主と業者の間で設計図書に記載されてある内容以外の決定事項は、議事録のみとすると云う風に共通ルールを作っておくことです。これで思い違いや失念と云ったミスが随分防げます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

中間検査 松永 隆文 - 建築家(2012/06/07 18:38)

建築条件付の土地トラブル 福味 健治 - 建築家(2012/05/11 08:16)

法律なんてって・・。 杉浦 繁 - 建築家(2011/06/17 16:52)

建築カメラマンの写真 松永 隆文 - 建築家(2016/08/23 09:39)

現場は暑い! 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/11 04:00)