ヨガで冷え性改善!★“美脳”ヨガ部★ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ヨガで冷え性改善!★“美脳”ヨガ部★

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
美脳

田町で更年期ストレス解消!アンチエイジングで評判の美脳ヨガサロンの辻です。

 

多くの女性が冷え症で悩んでいます。

冷え症とは、体の血行不良などが原因で起きます。

では、血行不良は、どのようにして起きるのでしょうか?

 

それには、いくつかのパターンがあります。

 

①パソコンなどの作業を長時間行うことで、乳酸などの疲労物質がたまり血行が悪くなるケース。(筋肉系)

この場合、収縮した筋肉をヨガのポーズで伸ばしてあげると軽減されます。

②ストレスにより交感神経の働きが強まり、筋肉が収縮し、血管が収縮し、血行が悪くなるケース。(自律神経系)

この場合、ヨガの呼吸法により、副交感神経の働きが高まり、血管が拡張し、血行が改善されます。

呼吸法に関しては、息を吐いているときに、副交感神経の活動が高まることが明らかになっていますから、

5秒で吸って10秒で吐く、1:2の呼吸法がリラクセーション効果が高くてオススメです。

 

もう一つ、オススメなのが、血行の良い体自体をつくることです。

筋力トレーニングをしますと、実は、体の中の毛細血管の数が簡単に増えていきます。

結果、普段から血行の良い体を手にすることができます。

ですので、血圧が高めな方も、運動を行うときにだけ注意すれば、安静時の血圧は下がる傾向にあります。

 

ヨガの実習の後、体がポカポカする経験をされた方も多いと思いますが、

それは、体を動かしたことによって心拍が増加し、血行がよくなったことと、

副交感神経の活動が高まり、筋肉が弛緩して血流が良くなったというダブルの影響があるためです。

ためしに、ヨガの実習後に、指先の皮膚温を測ってみてください。

きっと上がっていることと思います。

 

- サイバー・ヨガ研究所 代表  辻 良史 -

このコラムに類似したコラム

武道専門誌『月刊 秘伝』取材&対談 in 禅道会! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/01/26 11:46)

ヨガ専門誌『Yogini(ヨギーニ)』vol.37 本日発売! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/09/21 16:57)

科学的にリラックスする「呼吸法」 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/25 08:00)

★武道・武術専門誌「秘伝」(全国誌)の取材★ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/04 06:52)

8種類のストレスを「見える化」する最新メンタルトレーニング! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/05/23 09:00)