逆転の発想 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

逆転の発想

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
ライフスタイル論
以前、現場の大工さんが「変った人が見に来たよ」と教えてくれ、「今度いついつにまた来るらしいよ」と情報をもらったのでその当日現場に行ってみました。

大工さんから「この人だよ」と紹介された方は、これから自分の住まいをつくるために、いろんな現場を見学し、究極の住まいをつくりたいと''5年''もの年月をかけているという自称「住まいの研究者」という方でした(^^)

通常の住宅をたてるプロセスは、土地が決まり家族のライフスタイルに合わせた設計や環境に合わせた配置を考えるのですが、「住まいの研究者」さんは

これと決めた住宅の形や''部屋の配置''を先に決め、次にその家が収まって機能する''土地''を探す


という逆転の発想でした。

たしかに土地のロケーションに左右され、設計での部屋の配置位置を不本意とされる方がQ&Aに投稿されることも少なくないので、こんな方法も有りなんだなと関心してしまいました。

長年同じ方法や流れに乗っていると、それが当たり前になってしまい「変化」に対応できなくなってしまうので、建築というものを多方向から捉えられるようにしてまいりたいと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフスタイル論」のコラム

介護福祉建築家のツール(2012/09/02 02:09)

今年の社会福祉士活動(2011/01/22 18:01)

増える独居障害者(2009/07/09 20:07)