DTC広告の意義 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

DTC広告の意義

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
DTC広告(ウェブサイト)について

DTC広告の意義



弊社は医療系ポータルサイトのアクセス解析を行っていたり、
診療所・大学病院などのウェブサイト運営を行っています。

医療は人にとって身近な問題であり、ネットでよく検索されるテーマでもありますし、
コミュニティが複数存在します。

今後医療で重要になってくるのは、医者が患者を診察するだけではなく、
各それぞれの人が自分の体の状態や症状を良く知り、
解決の選択手段を自らもある程度考えられるようになることです。
その中で病院に行く人もいれば、薬を飲む人もいれば、
他の方法で治す人もいれば、予防をする人もいます。

こういった行動を促すためにも必要なこととして
主に製薬会社が行うDTC広告があります。

DTC広告については半年ほど前にも記載しましたが、
消費者に直接薬や症状に関する情報を伝えることで、
広告というよりはPRに近いと思います。

このDTC広告を成功させるには
・有効なキーワードでの検索エンジン上位表示などの露出度アップ
LPOなどを活用した有益な情報の提供
などがあります。

企業の使命でもあり、収益にもつながる手段として注目されている
DTC広告ですが、日本ではまだ不十分であり、
弊社としても力を入れていきたい分野です。

DTC広告・医療系のホームページ作成会社「環」

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「DTC広告(ウェブサイト)について」のコラム

ウェブ上のDTC広告について(2007/07/04 21:07)