【旅館再生:考】 誰のための企業?誰のための仕事? - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

伴 智之
コンセプト創造研究所 代表
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【旅館再生:考】 誰のための企業?誰のための仕事?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般
旅館経営 【旅館再生:考】

2万人リストラ?上場企業50社 リーマンショック上回る、夕刊フジ

2万人リストラ?

どうも最近の会社おかしくなっている気がします。

日本の経済をリードすべき大会社の多くが、

バッサリ、バッサリ

を繰り返すここ数年。

ekaisha.jpg

先日の『いい会社』の法則実行委員会 首都圏勉強会

講師の牧野 公彦さんが

『上場企業で利益を出すのは簡単。バッサリ人員カットすれば


良いだけのこと。でもそれをやってもよいのかどうかが問題。


そのような事をしても企業も社員も幸せになれない。


誰のための会社なのかを考えなくてはいけない。』

とおっしゃっていました。

本当に上場企業の経営陣の方々は、

社員の方を思っているのでしょうか?

『早期退職者制度があって会社もリスク負担するから、、、』


『経営陣は給与20%するから、、、』

でも普段工場に顔を見せにも来ないのに、

テレビで見る時いつもこう言ってますよね。

『株主様の利益の極大化を図ります!』

『株主様のため、株主様の為、株主様の為、、、』

こう言われては、

『誰の為の私(社員)?』


『誰の為の仕事?』

と思うのが自然です。

株主の幸せ(利益)の為に奔走しても、その利益を出すのは

所詮社員の皆さんの力の集合でしかありません。

株主様の力を集合しても、何も生まれません。

人の振り見て我が振り直せ

という素晴らしい言葉があります。

特に、人力に頼るサービス業は社員の幸せを

忘れてはいけません。

旅館では人材確保が難しいとよく言われますが、

数人の社員募集に数千人が履歴書を送る会社を

見てみましょう。

inashoku.jpg

長野県にある伊那食品工業は、

毎年数人の募集定員に数千人が応募する

『働きたくなる企業』です。

表面に見えてこない会社の大切な大切な資産

の存在を考えさせられます。

『数千人単位のリストラに????』と思う方は

ぜひFACEBOOKのページでいいね!お願いします。
images.jpg

↓↓↓ このブログ繋がりでおススメのブログはこちら
↓↓↓

【旅館再生:考】 ノマド的旅館経営

【旅館再生:考】 なぜコンセプトにこだわるのか?(1)

西海岸バナー.jpg

このコラムに類似したコラム

ITサービス企業の2015年度売上高ランキング 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/20 10:33)

クラウドとスマホ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/08/17 09:36)

適切なサービスレベル 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/08/05 10:17)

クラウド・コンピューティングに関する調査結果 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/05/26 09:49)

国内オンラインファイル共有市場 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/04/19 09:31)