脱下請のために情報共有インフラを整備する - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脱下請のために情報共有インフラを整備する

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はIT業界における脱下請の重要ポイントについてのお話です。

IT業界において中堅・中小ITベンダーが脱下請を図っていくためには、情報共有インフラを整備したいものです。

脱下請を図ることで、プライムとしては提案力が重要なポイントとなってきます。顧客のニーズにマッチした、品質の高いソリューションを短期間で作成することが求められます。

そのためには質の高い情報を蓄積し、活用するための情報共有インフラが必要にになってくるでしょう。

顧客のニーズは千差万別なので、基本的には個別対応の提案となることが多くなるとは思いますが、ベースとなる情報があるだけでもかなり生産性が違ってきます。

業種別、ソリューションエリア別、システムインフラ別など様々な視点で活用できるような仕組みがよいでしょう。

情報提供者に対する評価や報酬など、運用面での考慮を十分に検討することはポイントとなります。

中堅・中小企業の武器となるはずである、小回りのよさ、スピード感に磨きをかけるという意味でも、情報共有インフラは大きな役割を果たすはずです。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)