≪不動産クリニックの想い≫ 株式会社常盤不動産 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

不動産クリニック 株式会社常盤不動産 代表取締役 主席コンサルタント
東京都
宅地建物取引主任者
03-6410-3630
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

≪不動産クリニックの想い≫ 株式会社常盤不動産

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般

不動産クリニックが抱いている目的

    

健康に不安や悩みを抱えたらまず医師に相談するように、私たちは不動産の分野において、あらゆる悩みに応え、立ち向かっていく存在でありたい。

 「不動産クリニック」と名付けたのにはこうした想いがあります。

 

 なぜならば、不動産とは命の次に大切なものであると考えているからです。

 しかし、その大切な不動産に関する悩みを抱えていても、どこに相談していいのか、誰に相談していいのかわからないのが現実です。

 

また、ひとことで不動産に関する悩みといっても、「買いたい」「売りたい」「建てたい」「借りたい」「貸したい」といったことから相続、離婚、財産分与、後見制度、資産管理、資金繰り、空室対策、ローン借り換え、さらには破産や競売、土地をめぐるトラブルなど多岐にわたります。

 

多くの場合こうした問題が複雑に絡み合っているものですが、ワンストップで解決できないことも少なくありません。

 こうした状況の中、私たち「不動産クリニック」は、不動産に関する悩みを抱える方にとって頼りがいのある、心強いパートナーでありたいと考えています。

 

 実は、欧米諸国では不動産のプロフェッショナルといえば、医師や弁護士と同じような存在として認知されています。

 

私たち「不動産クリニック」も、命の次に大切な不動産のプロフェッショナルとして、そして心強いパートナーとして、
医師と同じくらいの責任・専門性・見識・信頼感・熱意が必要ととらえています。

 

私たちは、これまでの不動産業界の常識や慣習には一切とらわれません。

 大切なのは、高いプロ意識とお客様の立場に立って物事を本質的に考え抜くことです。

 よくある「地域密着」ではなく、徹底した「お客様密着」主義です。

 

たとえば、「持ち家を売りたい」「土地を買いたい」といったご要望を持つお客様に対して、私たちは「本当に売るべきなのか?買うべきなのか?」から考えます。

 ときには「買わないほうがいい」とお伝えすることもあります。

 

私たちが目指すのは、お客様が不動産に対して何も知識をお持ちでなくとも、心から納得し、満足し、安心して頂けるよう解決に導くことです。

どこまでもお客様の立場に立って考えていきたい。

 それが「不動産クリニック」としての責任だと考えています。

 

 大切な不動産に関するお悩みならどんなことでもご相談ください。

 【貴方の掛かり付け医のような「不動産クリニック」がここにあります】

不動産に関するお悩みがあればどんなことでも、 まずは総合的な不動産の知識を持ち、様々な分野の事情に精通した『不動産ドクター』がお話をお伺いし、 具体的なアドバイスや解決策をご提案させて頂きます。

 不動産ドクターだけで解決できることもありますが、より専門的な観点での解決が必要な場合には、資産管理や空室対策、プロモーションなどの各専門ドクターとともに対応いたします。

さらに、相続の問題などこれまではお客様ご自身が弁護士や司法書士、不動産業者の間に立って動かなければならなかったことも、業種を超えた各専門家に協力頂きながら、チームとしてお客様を全力でお守りいたします。

つまり、「不動産クリニック」ならばどんなお悩みでもワンストップで解決することが可能です。

現在、「不動産クリニック」では、弁護士、司法書士、行政書士、税理士、一級建築士など数多くの専門家の方にもご協力を頂いております。

 「不動産クリニック」の志に共感頂き、不動産に関する悩みを抱えるお客様のために全力を尽くしたいという気持ちでつながっている方ばかりですので、安心してお任せ頂けます。

 

 足をくじいても、風邪をひいても、お腹が痛くても

 いつも信頼して通っている『掛かり付け医』

そんな立場でありたいと思っています。

 

 不動産を通じ、皆様の顔を笑顔に変えられるよう

 日々精進していきます。

 

 

現状の問題点

 

現状の問題点としては『営業“のみ”の会社』が多いこと。


営業会社というのは自社の利益の追求と顧客の利益追求が同一線上にあることが理想ですが、多くの場合は自社の利益が必ずしも顧客の利益と乖離してしまうことが多々見受けられます。
そこで不動産クリニックは自社の利益と他社の利益を同一線上にしっかりとクロスして、時として自社の利益よりも顧客の利益を優先した考え方をしたいと思っています。
例えば、実際の売買賃貸取引に至ると「仲介手数料」が入り、売り上げができるわけですが、逆に言うと「仲介手数料が入らない=取引きがない」ような話には見向きもしない ということが業界の中で蔓延しているようです。

ところが、『社会の中には、取引はしないけれど相談だけはしたい。』というニーズが数多くあります。
例えば、『家が競売になってしまいそうだがどうしたらいいか』とか『離婚をするつもりだが(専業主婦なので)収入がなく、部屋を借りられるかどうか心配』だとか『相続のために(売る気はないが)もし売るとしたらいくらなのか知りたい』等々。
実際の取引を前提としなくても相談だけしたいというニーズが非常に多く存在します。

 

 

事業目的

 

そこで、不動産クリニックでは『取引に至らなくとも』相談したり分析したり、調べたり、一緒に考えたりというようなことが出来る状態を作りたいのです。

相談については有料です。有料であるからこそ、取引に至らないお客様にも真剣に向かい合って、責任のあるアイディア提供や発言ができるのです。

 

□□□□ http://www.tokiwa-r.co.jp/ □□□□

【不動産クリニック】
株式会社常盤不動産
東京都大田区池上6-1-3
TEL03-6410-3630

鈴木豪一郎


ワタシ×プロのチカラ
AllAboutProFile;http://profile.ne.jp/pf/suzuki/ 
clinic room blog; http://tokiwa-r.seesaa.net/
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


不動産相談 借地権相談 借地相談 住宅相談 大田区 相続相談

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 宅地建物取引主任者)
不動産クリニック 株式会社常盤不動産 代表取締役 主席コンサルタント

不動産クリニック 不動産総合ドクター

不動産売買にはトラブルや落とし穴がつきもの・・・“重要事項説明”だけではそれらは回避できない。不動産購入売却は人生の一大イベント850件以上のケーススタディーに基づき、細心の注意力と最新の技術で“安全”“安心”“満足”を目指します。

03-6410-3630
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

出口の見える“無料”相談会 IN 大田区蒲田 相続・離婚・不動産 鈴木 豪一郎 - 宅地建物取引主任者(2012/08/27 14:16)

不動産登記の内容はどのようなものなのか(分類について) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/28 10:00)

不動産登記簿(登記記録)とはどのようなものか 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/26 09:00)

道路の種類とは!? 朝間 史明 - 宅地建物取引主任者(2011/08/10 11:55)

不動産の共有関係の解消方法 永田 博宣 - ファイナンシャルプランナー(2011/05/20 10:00)