自己資金がどれくらい用意できるのか - 財務・資金調達全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自己資金がどれくらい用意できるのか

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. 財務・資金調達全般
経営 会計・税務

前回からの続き、融資について。

創業時の資金調達について考えています。

他人から出資を受けるのは後々の経営に大きな影響を残す。

融資であれば返済をきちんとしていれば文句は言われない。

ここまで紹介しています。


ただし、それでは融資が良い!というわけではないことは

これまでの更新ですでにわかっていることです。

繰り返しになりますが、借りたお金を返済しながら事業を行うのは

それだけ難易度が高いのです。


つまり

・返済はしなくてよくて

・他人から口出しもされないお金

これが用意できれば最良です。

そう、つまり自分で貯めたお金、自己資金です。

事業を開始するまでの間にコツコツとお金を貯めておく。

そうして貯めたお金を使って事業を開始する。

地道で当り前な話ですが、このことを忘れてしまっている方は

決して少なくありません。


ではどれくらい貯めれば良いのか?

ここで問われるのがタイミングと事業の種類です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

想像力 高橋 昌也 - 税理士(2012/10/03 01:00)

一番大切なのは借り方…ではない! 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/30 01:00)

返済期間との関係 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/26 01:00)

借りたお金は返す 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/03 01:00)

融資とは時間を買うことである 高橋 昌也 - 税理士(2012/09/01 01:00)