脱下請のために経営戦略を見直す - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
福岡 浩
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脱下請のために経営戦略を見直す

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営戦略
中小企業診断士の長谷川進です。こんにちは。
今日はIT業界における脱下請の重要ポイントについてのお話です。

IT業界において中堅・中小ITベンダーが脱下請を図っていくためには、経営戦略の見直しが必要になるでしょう。どちらかというと受身になりがちな下請企業としての立場を変えて、いかにしてプライムでお客様と契約するのかを戦略的に考える必要があります。

・自社の差別化要因は何なのか
・自社の価値を最大化する提供サービス・ハードウェア・ソフトウェアは何なのか
・ターゲット顧客は誰なのか

中堅・中小ITベンダーならではの差別化要因を活用して、ターゲット顧客を絞りましょう。中堅・中小ITベンダーとして今まで培ってきた専門性、独自性などが武器になりませんか。

大手ITベンダーが重視していない市場を狙うのもよし、大手ITベンダーとのガチンコ勝負もよし。いずれにしても、思いつきでなく論理的に経営戦略を見直すことが重要です。

自社の良さを生かした脱下請戦略。一度検討してみてはいかがでしょうか。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

世代交代(2016/11/17 09:11)

業務の効率化や標準化(2016/10/27 10:10)