株式の評価2 - 会社設立全般 - 専門家プロファイル

中島 成和
中島事務所 
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会社設立

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
森 滋昭
(公認会計士・税理士)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

株式の評価2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会社設立
  3. 会社設立全般
税金
いつも、ありがとうございます

東京は、雪だそうですね

お元気ですか?


今回も、株式の評価です

300万円の現金を資本金にして

会社を設立すると

60株なら1株が、5万円です


このお金で、商品を仕入れて

利益をプラスして売ります

そうすると現金が増えます

繰り返すことによって

更に、お金が増えます


ある期間に、仕入を8千万円して

売上が1億円だと、2千万円の荒利になります

そして、経費と税金で1700万円使いました

差引300万円の利益になります


結局、300万円の現金でスタートしたのが

600万円の現金に増えました

ここで、会社を解散すると

600万円を株主に分配することになります

株数は変わりなく60株ですから

1株が、10万円になります

これが、原則的な考え方です


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4月1日から、パートタイム労働法が改正されます

詳しくは、こちらの法令新着ニュースを

ご覧下さい

http://www.nakajimajimusyo.jp/