直帰されてないですか? - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

高坂 泰三
株式会社アドミクス 取締役
Webプロデューサー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

直帰されてないですか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
ネットショップ ページ作り
前回、ネットショップの公式を紹介させていただき、
まずは、ページの充実からはかりましょうとお伝えしました。

いくらアクセスがあっても、来訪者の期待した情報が、すぐに見つからなければ
すぐにサイトから去られてしまいます。

その時間は、たったの 3秒!!

テレビは、ソファーにもたれたり、いすに腰掛けたり、寝転んでいたり、
受動的に情報を得られますが、インターネットの場合は、マウス片手に
前傾姿勢で、能動的に情報を得ようとします。

そのため、自分に価値がない情報と判断すると、すぐに次のサイトを
検索します。みなさんもそのように感じませんか。
------------------------------------------------------------------
というところで、自分のサイトのトップページをもう一度見てください。

●一目で何を売っているお店か、わかりますか?
●何が売れている、買ってほしい商品か、わかりますか?
●お店の人、顔が伝わってきますか?

ちょっと脱線して、リアルのお店を想像してください。
飲食店でもいいです。
初めてのお店に入ろうとしたとき、どんなふうに判断しますか。

入店するときは
・お客さんがたくさんいて、流行っていそうだから
・看板、名物商品があるから
・従業員の応対・サービスがよさそうだから

逆に、やめておく理由は
・お客さんがいない
・何屋か、どんなメニューがあるか分からない
・従業員も愛想が悪い、声もかけてくれない

これは、ほんの一例ですが、リアルもネットショップも同じ です。
いかにトップページでそれらの情報を伝えるかが、重要になります。

また、こんなケースもよくあります。
「ネットショップの店長さんが、ネットショッピングをしたことがない」

これは本当によくあります。こんな方はまずは自分でネットショッピングを
してください。なんでもいいから、買ってください。
そこからが第一歩です。