貯蓄500万円未満世帯の増加4,000万円以上世帯グラフで感じる - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

貯蓄500万円未満世帯の増加4,000万円以上世帯グラフで感じる

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
ライフプランと家計 収入・支出について

前回は、年代別の貯蓄と負債の現在高を紹介いたしました。今回は貯蓄現在高のかいきゅうべつ推移と、貯蓄全体に占める割合を紹介します。

貯蓄現在高階級別貯蓄の分布

図は、貯蓄現在高を500万円未満、500~1,000万円、1,000万円~2,000万円、2,000万円~4,000万円、4,000万円以上でその分布の推移の調査です。(出典総務省統計局家計調査より)
特徴として、貯蓄現在高が500万円未満の層が最も多く、かつ平成14年は28.7%、平成19年は30.7%、平成23年では32.8%と年々増加しています。

一方貯蓄現在高4,000万円以上の層は、平成14年は9.9%、平成19年は10.5%、そして平成23年10.2%と余り変化していません。貯蓄現在高2,000万円~4,000万円の層も変化は小さいです。
結果グラフを見てお分かりのように、貯蓄500万円以上~1,000万円の層は年次による変化=減少が大きいので、この層から500万円未満に移行した人が多いと考えられます。

また、夫々の層が貯蓄全体に占める割合も示されています。貯蓄4,000万円以上の世帯の貯蓄額が貯蓄全体に占める割合は、平成14年から19年の間に1.8ポイント上昇し41.4%になり、平成23年も41.5%を占めています。

2人以上の世帯の貯蓄現在高の推移を記したものが下図です。50年以上前の昭和34年(1959)から平成23年までを記しています。(平成12年以前は「貯蓄動向調査」によります)

貯蓄現在高及び年間収入の推移

推移データ

世帯の貯蓄額のピークは平成12年の1,781万円です。年間収入は平成7年の762万円がピークになっています。年間収入は徐々に減少していることがグラフで確認出来ます。

一方貯蓄額は年収の減少トレンドとは異なりその額は減少額が少ないため、貯蓄の年収に占める割合は上昇しています。その結果として消費に回す金額が減少していることは歳冊できます。将来への不安がその様な行動を取らせているのでしょうか。

なお、平成34年の貯蓄現在高は30万円でした。それに比べますと平成23年の貯蓄現在高1664万円は約55.5倍になっています。また年収に占める貯蓄額の割合も上昇平23年には過去最高の271.9%になっています。昭和34年は70.0%でした。

このグラフを見ますと我々60代の物にとって、日本がこの50年如何に豊かになったかを実感します。けれども200%を超えた平成元年(1989年)以降の停滞、年間収入の減少を見ると、「失われた20年」の失政と経済的な停滞も実感出来ます。

face book ページ オフィス マイ エフ・ピーを開設しました。
http://www.facebook.com/#!/officemyfp

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.ne.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランと家計」のコラム

このコラムに類似したコラム

2人以上の世帯の平均貯蓄額は1,664万円です 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/04 10:00)

各年金とご自身の資産運用の整合 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/11 10:00)

年金支給開始年齢引き上げに備える 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/29 16:06)

定年後の生活が不安 2 辻畑 憲男 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/03 16:24)

生涯賃金5000万円減少!? 家計はどう対応する? 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/04 05:00)