悲惨!不幸せな「真っ黒婚」を選んでしまった女性の運命は… - 再婚相談 - 専門家プロファイル

愛沢 美香
株式会社カラットクラブ チーフ カウンセラー
東京都
婚活アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:婚活

木下 泰子
(婚活カウンセラー 終活上級カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

悲惨!不幸せな「真っ黒婚」を選んでしまった女性の運命は…

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 婚活
  3. 再婚相談

こんにちは、再婚カウンセラーの愛沢と申します。よろしくお願いいたします。

今まで数多くの再婚のお世話をさせていただきましたが、幸せを見事につかんだ方、再び離婚してしまわれた方、結果はさまざま。もちろん私も出来る限りのことをさせて頂いているのですが、再婚を希望される方ご本人のあり方がやはり一番大事です。

突然ですが、みなさま、「桃色婚」してますか?

幸せな結婚がやわらかいピンクに包まれた「桃色婚」なら、不幸せな結婚はどんよりとした「真っ黒婚」。幸せになりたいと思う気持ちは一緒なのに……「桃色婚」と「真っ黒婚」は一体どこで分かれてしまうのでしょうか?

そこで、私が以前お世話をさせていただいた方のケースをご紹介させていただきます。

■希望通りの条件だったはずなのに…

5年位前に結婚のお世話させて頂いた、黒川さん(仮名)にばったりお会いした時のことです。

黒川さんはバツイチで再婚希望でしたが、59歳のマンション経営の男性と再婚をされていました。前の結婚は経済的に苦しくお金のことで喧嘩ばかりだったので、今度は絶対、年収が平均以上、持ち家あり、資産ありが第一条件の方でした。(お気持ちはわかりますが……) セレブにあこがれていらしたので、美容にも気を使われ、 ご年齢の40代よりも若々しく30代と見間違うばかりの華やかな女性でしたが、偶然再会したときは、なんとまるで50代のよう。白髪頭に肌のくすみとあって、声を掛けられてもぱっと見て誰だか分からないくらいでした。

もちろん黒川さんだと思い出し、そのお姿からご病気を疑ったのですが、言葉には出せずにお茶を誘われ珈琲館へ。眉間にシワを寄せ目の下のクマも痛々しい黒川さんから出て来るのは、結婚生活の不平不満ばかり……。ご主人と養母の悪口、驚くほどの少額しか渡されない食費。生活費はお母様が一切を仕切っているために黒川さんが自由にできるお金は無く、自分の物は何一つ買えず、まるで家政婦だということでした。あまりの不幸自慢に、幸せというものが少しも感じられなかったことを覚えています。

希望を失い、見るからに途方にくれている様子の黒川さん。そんなにお嫌で辛いならば別れられたら、とご本人のお気持ちをお察しし思わず言葉が出てしまいましたが、別れたいけれど別れたら笑われるだけだ、と言って涙ぐまれるだけ。義母や主人が亡くなったら自分に財産が来るから、とは仰られるものの、寿命は年の順とは限らず、その前にご自身が体調を壊されては大変! まさに「真っ黒婚」の最たるもの……と心配になってしまいました。


■ここが桃色婚と真っ黒婚の分かれ道

そもそも、黒川さんのお世話をさせていただいていた時、実は他の方をお薦めしていましたその男性は黒川さんと年齢も同年代、車の整備会社を立ち上げて2年目で仕事も軌道に乗ってきて年収は600万前後。これからは収入も期待出来るし、趣味の車も新しく買ったばかり、これで心おきなく結婚が出来る!と楽しそうに夢を語る誠実で明るいその男性さんを断り、今の旦那様と再婚をされたのです。

黒川さんが仰るには、Aさんは年収も少なく、友達と始めた会社では何の保証もないだろう、ドライブは好きだけれど車はローンかもしれないなど、ネガティブな見方ばかり。

そんな黒川さんをよそに、その後Aさんはツーリングで知り合った女性とめでたく結婚。その女性もご紹介いただきましたが、幸せ一杯なニコニコ笑顔でピンクの頬。これこそが幸せな「桃色婚」です♪ お二人はいちご狩りに行かれたとのことでお土産に頂いたバスケット一杯の苺、お二人の明るい桃色の肌が懐かしく思い出されたくらいです。その後、Aさんご夫婦は男の子を授かり、Aさんのお父様が孫のお祝いのためになんと新居をポンと購入。頂戴したお手紙の写真には、クリーム色の可愛いお家に誇らしげに鯉のぼりが泳いでいました(#^.^#)


■どうしてこうなったの?

でも、どうしてこんなに違いが出たのでしょう?

黒川さんはお相手の年収にこだわりすぎ、結婚後に想像されるライフスタイルや、お相手の性格やご家族などについては二の次でした。

黒川さんはあまりに頑なでアドバイスも受け入れないような方だったので申し上げませんでしたが、今回のポイントは考え方。結婚よりもまず、その収入第一の考え方に思いっきり駄目出しをさせていただいたことでしょう。お相手は自分の鏡お金の事ばかりに集中していれば、やはりお金のことばかりのお相手と再婚することになり、美容院なんてお金が掛かるからともちろん許されず。掃除と食事の支度、プラスお義母さまのお世話だけをする毎日に……。いくら財産があるお相手だからと言っても、まだ40代なのに白髪まじりのボロボロ肌……では幸せになれません!

大事なのは、やはり人の意見を参考にしていただくこと。

仕事柄いろいろな方にお会いしますが、素直な気持ちになって謙虚に物事を受け止める方は、幸せな「桃色婚」をつかまれています。もちろんカウンセラーのいいなりになる必要は全くありませんが、自分なりに基準を持って柔軟に取り組まれることが第一です。

あなたは「桃色婚」「真っ黒婚」、どちらをご希望されますか?


愛沢 美香

再婚の御相談ならアツコブライダル: http://www.azco.tv/



このコラムに類似したコラム

入会ご相談で協会に登録していない人を紹介してほしい 土井 康司 - 婚活アドバイザー(2013/01/14 23:33)

キラキラの赤い糸♥ ~「なんとなく」と「ハッキリ」のちがい~ 愛沢 美香 - 婚活アドバイザー(2012/10/03 15:00)

40代女性で結婚できる人・出来ない人?!違いは? 植草 美幸 - 婚活アドバイザー(2013/07/20 11:54)

お見合いして何か月後に結婚されますか? 木下 泰子 - 婚活カウンセラー 終活上級カウンセラー(2013/04/30 14:06)

今日はひな祭り、春は婚活に追い風! 木下 泰子 - 婚活カウンセラー 終活上級カウンセラー(2013/03/03 11:08)