日本の将来とキャリア形成(1/2) - 転職活動サポート - 専門家プロファイル

杉本 勉
株式会社エリートネットワーク 法人営業 兼 転職カウンセラー
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本の将来とキャリア形成(1/2)

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職活動サポート
法人営業 兼 カウンセラー日記

新年の挨拶をさせて頂いたこの1週間を振り返ってみると、
「日本は大丈夫か?」と感じざるを得ない。

製造業は、日本から海外市場へ。
それもアメリカやヨーロッパではなく、アジア、BRICs圏へ。
日本市場を担当するセールスやマーケのポジションは、ほぼなく、
成長途上国を担当する人材のニーズが溢れている。

もちろん、語学も英語だけではなく、現地語。
特にスペイン語、中国語のニーズが高い。

一方、景気停滞気味の日本をターゲットにしている外資系企業は、
日本の金融資産を明確に狙っている年金・富裕層ビジネスが熱い。

日本のメガバンク、信託銀行も参加して、リテール市場は加熱しているが、
僕らのような一般市民にはあまり関係のないマーケットである。
なぜならば、金融資産1億円以上所有する方々がメインターゲットであるからだ。

従って、普通のサラリーマンには関係ないところで、
日本は盛り上がっている。

他には、いわゆるシニアマーケットも盛り上がっている。
高齢化社会の到来などと言われて久しいが、
いよいよ2007年問題を経て、本格的な高齢化社会が到来する。
2008年はシニア元年と言っても良いくらい、
様々なビジネスが我々の目の前に顕在化してくる年となるだろう。

と言っても、多くの20代・30代にはいまいちピンとこないマーケットではないだろうか。

つまり、日本は「金持ち、高齢者」向けのビジネスばかりが花盛りで、
他は先行き不透明である。

国力の低下により、「円」の力が低下し、
日本人は、日本に進出してくる国内外の高級サービスを受けることが難しくなってきている一方、中国、韓国、インドなどの成長途上国の富裕層は、
自国の国力の高まりによる通貨の向上により、
日本のバブル時代のような購買力で、高級品をバンバン購入し、
高級サービスを利用している。

そんな時、我々は何をすべきか?

(次回に続きます)

このコラムに類似したコラム

生き方の達人になるためのヒント 45 快眠コーディネイター 力田 正明 - 快眠コーディネイター(2012/08/11 16:00)

キャリアウィング *** キャリア形成関連コンテンツのご案内 吉田 但 - キャリアカウンセラー(2010/06/02 12:11)

40代、50代、60代の転職 杉本 勉 - 転職コンサルタント(2006/11/13 18:24)

どんな人が欲しいですか と尋ねると 3 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2012/09/03 19:00)

どんな人が欲しいですか と尋ねると 2 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2012/09/02 19:00)