1.モチベーションを維持するには? - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松山 淳
アースシップ・コンサルティング コンサルタント/エグゼクティブ・カウンセラー
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

越智 昌彦
越智 昌彦
(研修講師)
長谷川 進
(経営コンサルタント)
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

1.モチベーションを維持するには?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
モチベーション

他人と比較しない



今やその名を世界に轟かせているイチロー選手。
日本球界だけでなく、大リーグでの記録も塗り替え、
その活躍はまばゆいばかりである。

イチロー選手にも、いくつかスランプの時期があった
スランプの波は他人より小さいかもしれないが、
誰もが経験しているように、イチロー選手にもあった。

1994年の4月のこと。
まだイチロー選手は、オリックスの選手だった。
対西武戦で相手投手は西崎選手。

イチロー選手はバットを振ったものの、
ボテボテのセカンドゴロに打ち取られた。
しかし、イチロー選手はベンチに帰ってくる時、
ニヤニヤし、何か嬉しいことがあったかのような顔をして
ベンチに戻ってきた。

この時イチロー選手は、
自分ならでは理想のスイングをつかんだと言われている。

1994年と言えば、
200本安打を越え、首位打者を獲得し
日本記録を塗り替えた年である。

時は流れ、国は変わり大リーグにて、
チームの負けがつづいたなか、
ひとり一試合5安打を打ったことがある。

イチロー選手のこの時の言葉。

「チームの負けがこんでいるときこそ、
 しっかりしなければいけません。
 それでモチベーションをさげる人は、
 いいわけを求めて逃げているのだと思います。」*1

イチロー選手はあまりに偉大で、才能豊かで、
とても真似のできるレベルの人ではないかもしれません。

ただ、これまでの話から学ぶべきことは

「自分に集中する」

ということです。
他人と比較して結果を比べると、
どうしても気持ちが浮き沈み、モチベーションに悪影響を及ぼします。

誰でもスランプはあるもの。
結果が出ない時があります。

その時、自分なりに手を抜かず努力しているという納得感があれば
完全ではないものの、ある程度のモチベーションを維持できます。

判断基準を自分におくのか、他人におくのか

それが、大切です。


EARTHSHIP CONSULTING
*1『イチロー262のメッセージ』(ぴあ)