燃費のいい家:小さな家 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

株式会社コルピソス 所長(代表取締役)
東京都
建築家
03-5315-7155
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

燃費のいい家:小さな家

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
コルピソス

自分の身の丈にあった空間で、十分生活できる。

空間が小さければ、失うエネルギーも小さい。

地球にも、お財布にも優しい。

小さな家は工夫すれば、無限の可能性がある。

 

小さな家と言うと 東考光さんの「塔の家」

http://www.ienojikan.com/toptopics/architect/20081126.html

増沢洵さんの「 9坪ハウス」http://diamond.jp/articles/-/2865

という有名な狭小住宅があった。

 

塔の家は狭い敷地で、光の使い方、見事な吹き抜け、RCの杉板の打ち放し、味わいが蓄積されている。

ただ、住むには苦労が要ったと思う。外壁率は高く、断熱らしきモノは見えない。

温熱環境は相当厳しい。

また、個室的なところは少ない。

 

それに比べると、9坪ハウスは、シンプルで外壁率も少くエネルギーも逃げずらい。

木造という事で、材料を生産するエネルギーも外壁でRCの1/5で済む。

ただ、全面は全て開口、冬は光は入り、暖かく、有難いが、夜の熱損失や夏の日射には辛い。

ただただ、大きい吹き抜けも、熱容量が多く、無駄になり易い。

もう、一工夫すると、小さい家は大きく化けそうだ

高低差換気、風の道、日射の入れ方と防ぎ方を熟慮し、窓を配置する。

最小限で最大限の広さを見せる吹き抜けとハイサイド窓。

 設計者にとっては面白い。

 

この本で森さんも小さい家を推奨してます。 

省エネ・低CO2排出

世界基準の「いい家」を建てる。

日本初「パッシブハウス」は、ここがすごい   

 http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-77010-9

著書 森みわ


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社コルピソス 所長(代表取締役)

時を経て、ますます存在感と愛着が増す建物。

ここ10年以上、年に1~2棟、事業主と投資用ワンルームマンションの設計をし、時々、地主さんの有効土地活用で賃貸マンションを設計している。いつも、事業では限られた予算で高家賃を追求している。デザインや培った設計技術や経験を生かせればと思う。

03-5315-7155
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「コルピソス」のコラム

2012弓道部OB総会(2012/08/16 18:08)

このコラムに類似したコラム

風の流れる家 菊池 克弘 - 建築家(2012/09/11 15:19)

快適なすまいづくりのポイント 青沼 理 - 建築家(2013/03/20 16:05)

自分で間取りを描ける講座10 福味 健治 - 建築家(2012/08/23 07:14)

リビングに吹き抜けを造りたいが空調費が気になる 福味 健治 - 建築家(2012/05/09 08:18)

リタイヤしてからの家造り 福味 健治 - 建築家(2012/02/23 08:50)