9月1日は防災の日です。 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

9月1日は防災の日です。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●免震構造住宅

大正年間に発生した関東大震災が発生した日にちなんで、9月1日は防災の日です。
もう一度、家の安全性を確認しましょう。
地震に対しては、見ただけでも強いか弱いか凡その検討がつきます。

1、外壁が膨らんでいませんか?
外壁の特に足元周りの基礎の上の部分を注目します。基礎の上部分の外壁が妙に膨らんでいると土台が傷んでいる可能性があります。家の中に入ってその部分の床を踏んでフワフワする様であれば、かなり傷んでいます。木造建物の倒壊は柱が土台から外れるところから始まります。土台がしっかりしていなければ、弱い地震にも耐えられません。

2、壁が偏っていませんか?
狭小敷地では特に道路面に窓が多く道路面の反対側(奥の壁面)は窓が極端に少なくありませんか?壁が偏って配置されていると均等に揺れず、ねじれた揺れ方をします。当然壁の少ない方が大きく揺れることになり、倒壊の原因となります。

3二階や屋根裏に重いものを置いていませんか?
日本瓦屋根も重いので同じことが言えますが、屋根裏を収納庫として利用したり、二階に重いものを置くと、地震が来た時より多く揺さぶられます。

その他建物の形状、柱の位置、梁の掛かり方等々で建物の強さが変りますので、上記3点で気になることがあれば、直ちに専門家に相談しましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●免震構造住宅」のコラム

縦揺れで家が潰れるか(2013/11/10 23:11)

失礼な電話(2013/09/18 08:09)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

耐震等級 福味 健治 - 建築家(2013/02/07 08:36)

18年前の今日、私は神戸に入りました2 福味 健治 - 建築家(2013/01/18 08:24)

ベタ基礎と布基礎 福味 健治 - 建築家(2012/06/18 09:10)

太平洋プレートの沈み込み加速 福味 健治 - 建築家(2012/05/25 09:15)

バラエティー番組で取り上げる地震対策の功罪 福味 健治 - 建築家(2012/05/16 00:34)