火災保険の見直し・・・・「建物」と「家財」は別契約 - 火災保険 - 専門家プロファイル

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A 代表取締役
京都府
保険アドバイザー
0120-556-849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:損害保険・その他の保険

森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

火災保険の見直し・・・・「建物」と「家財」は別契約

- good

  1. マネー
  2. 損害保険・その他の保険
  3. 火災保険

火災保険を契約する際、注意していただきたいのは、

「建物」と「家財」は別契約ということです。

「建物」は住居用の建物で門や塀。

「家財」は家電・家具・衣類等となります。

住宅購入で金融機関から融資を受け住宅ローンを組んだ時、

火災保険も加入されます。さの際、建物のみ対象にする場合もあるので注意が必要です。

建物のみの補償だけでは、新たに生活の立て直しにかかる費用は多額となります。

家財の目安額に間違いはないのか?十分な補償が受けられるのか?

家財保険の補償内容の見直しも含めチェックが必要です。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 保険アドバイザー)
企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A 代表取締役

個人・企業の火災,賠償責任、労災、運送保険

個人・企業の火災,賠償責任、労災、運送保険の提案、スキームの見直しなどのお手伝いを致します。保険料削減についても、方策につきご提案いたします。既取引損保会社以外にセカンドオピニオンを活用できる体制を構築しておくことが良策と考えられます。

0120-556-849
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

台風による被害・・・保険の補償は? 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2013/06/23 11:01)

なるほど! 火災保険・盗難補償について 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2013/03/09 21:37)

住宅ローンを組んだ場合の賢い火災保険の加入方法は? 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2012/11/29 08:34)

住宅ローン火災・火災保険の見直し 小島 雅彦 - 保険アドバイザー(2012/08/22 10:35)