自分で間取りを描ける講座10 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分で間取りを描ける講座10

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

●間取りを立体的に考える

間取りを考えるとき、どうしても間取りだけを追い掛けがちになります。部屋の位置関係を示す方法として、間取り図は非常に有効ですが、そこには通風・採光・強度と云った住宅の性能が表現されていません。

これは建物を立体的にみる訓練をすれば、自然と身についてきます。一階から二階までの高さを階高(かいだか)と云います。階高は概ね3m前後です。部屋の床から天井までの高さは2.4mが標準です。

明るい部屋にしようと思えば、窓を大きくする必要がありますが、隣りが空き地だからと云って、隣地に面して大きな窓を取っても、いずれ建物が建ってしまえば暗い部屋になってしまいますので隣地側の窓は換気・通風を主な機能と考えます。その窓から光が入らなくなっても暗くならない方法を考えておきましょう。

どうしても隣家側しか採光が期待出来ない部屋であれば、天窓とか吹き抜けとかを利用できないか考えましょう。将来納戸にする部屋であれば、気にする必要もありませんが、リビング等の常に人がいる空間であれば、採光の確保は住宅の快適さを求める上で、もっとも重要な要素です。

 

採光と同時に構造の検討も行いましょう。一階と二階の壁の位置を揃えることにより、地震に強い家になります。手書きでプランする場合は、二階をトレーシングペーパー等の半透明の紙でプランすることをお勧めします。

CADで行う場合「まどりーむ」https://madream.net/であれば、二階を描くとき一階が下書き線となって表示されます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 間取り・見積りチェックします。

料金
無料

提案された間取りや見積りが適正なのかどうか判断するのは難しいものです。お話しをお伺いしながら、専門家が客観的にアドバイス致します。

間取り・見積りチェックします。

このコラムに類似したコラム

丸くて四角い三角 福味 健治 - 建築家(2013/05/02 08:32)

風の流れる家 菊池 克弘 - 建築家(2012/09/11 15:19)

燃費のいい家:小さな家 伴場 吉之 - 建築家(2012/08/29 19:54)

ラフターロック 松永 隆文 - 建築家(2016/03/15 17:33)

吹き抜けを楽しむ 大塚 泰子 - 建築家(2015/12/25 06:00)