乳腺炎と発熱 - 心と体の不調全般 - 専門家プロファイル

日色 雄一
傳統醫學硏究所 日色鍼灸院 院長 医学博士 世界医学気功学会理事
神奈川県
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

 以前北京で帝王切開による出産後、一週間しか経っていない方を治療したことがあります。乳腺炎によるおっぱいの痛みと発熱。しかも39~40℃。

 産後の疲労のため、おっぱいがつまってしまったのです。高熱も疲労によるもの。しかし、授乳中のため解熱剤、抗生物質は飲みたくないとのことでした。その方の家に到着するとすっかり疲労困憊の様子(当たり前ですが)。「気」がつまってしまうため、発熱します。

 「引気帰源」と「補気」、「疎通」の方法を用いて治療します。本当にびっくり。熱も下がるし、おっぱいの痛みもよくなります(これも当たり前ですが)。

 ちなみにおっぱいには施術しません。母乳マッサージもいいですが、「はり」、「灸」、「気功点穴」、「整体」もぜひお試しください。

このコラムに類似したコラム

こんな時、どういう風にすればいいか判らないの。 みかん - 人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師(2014/04/25 10:00)

患者様からの出産報告 最新版 徐 大兼 - 鍼灸師(2012/10/23 15:38)

冷えと乳腺炎 日色 雄一 - 鍼灸師(2012/08/16 11:45)

中国語版一指禅功点穴療法論文 日色 雄一 - 鍼灸師(2012/06/21 22:36)