【ペースもいっしょで気持ちもいっしょ】 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

長坂 有浩
アリスカンパニー 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
福岡 浩
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【ペースもいっしょで気持ちもいっしょ】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
コミュニケーションの達人になるために 言葉
話す「ペース」というのは人によって違いますね。

ゆっくりゆっくり。
せかせかとせわしなく。
大きな声。
ぼそぼそ。
丁寧な言葉遣い。粗野な感じ。

人それぞれのペースがあると分かっているけど、
ついつい自分のペースで話をしてしまう。

結果として、コミュニケーションがうまくいかない。

そんなことはありませんか?

コミュニケーションの上で、自分が一番いやなこと。

それは、
「自分のペースを乱されること」

話を途中でさえぎられる。
反論される。
聞いてくれない。

ってことは、相手もそうだよね。

だったら、相手のペースに合わせてみてはいかが。

相手がゆっくりゆっくり話す人だったら、
自分もちょっとゆっくり話してみる。

相手の使うフレーズをまねてみる。

相手が話好きだったら、まずは徹底的に聞いてあげる。

これもひとつの「ミラー効果」。

人は自分が話したいときに話をして、
思うように話したい。

それができるだけで、満足感を得る。

話が思うようにできないと
イライラする。
その人と話をしたくなくなる。
結果として、話そうと思っても躊躇しちゃう。
「この人は聞いてくれない」と思ったら、
話す気持ちもなくなる。

相手が話しをすることに心地よさを感じたら、
あなたの話を聞くこころの余裕ができる。

あなたの番です。

あなたのペースで話をしてごらん。
不思議なことに、
今後は相手が自分のペースに合わせてくれたりするから。

コミュニケーションは、
まず自分が満足できるかどうかで
相手を受け入れるかどうかが決まる。

【今日の達人ワンポイント】
守って攻める。
相手が気持ちよくなるほどに自分の意見が伝わるよ。