人材育成におけるトップダウンとボトムアップの視点 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

人材育成におけるトップダウンとボトムアップの視点

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
人材育成

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日は人材育成についてのお話です。

研修などの人材育成に関するビジネスに携わる際に、よく議論のテーマになるのが、「ビジネス現場で使えるのか」「ビジネス現場で役立つのか」ということです。

ありきたりの研修では成果が出ないと感じている企業であれば、なおさらこのポイントが重要になってきます。

人材育成の本来の目的は、単なるスキルアップではなく、企業の利益増大に貢献することのはず。

そうなってくると、「ビジネス現場で使えること」「ビジネス現場で役立つこと」が大前提となってくるわけです。

ここで重要になってくるのが、トップダウンとボトムアップ双方の視点から、人材育成についての議論を進めていくことです。

「ビジネス現場」ということがキーポイントになるのだから、現場を重視したボトムアップの視点が重要になる。

一方で、企業の利益増大に貢献するのであれば、経営を重視したトップダウンの視点も欠かせません。

ボトムアップに偏ってしまうと、マネジメント層の強化が遅れがちになり、結局現場が変わらないという事態にもなりがちです。

「結局部長や課長のやり方が変わらないので現場は変わらない」といったセリフが聞かれるようでは、本末転倒です。

自社に特化した、自社にとって最適な人材育成とは何なのか。重要な経営課題のテーマになりうるはずです。

浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「人材育成」のコラム

文書作成力(2016/12/01 10:12)

常に時間の余裕を持つこと(2016/11/08 10:11)

悩めるCIO(2016/10/26 10:10)

人が育つための環境(2016/10/19 10:10)

プロフェショナルの言葉(2016/10/15 13:10)

このコラムに類似したコラム

人材育成における当事者意識の重要性 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2012/07/12 07:33)

人材育成の効果を高めるためには当事者意識が重要 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/12/29 09:49)

人材育成基準の重要性 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/12/15 07:11)

人材育成における競争の重要性 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2011/11/03 13:54)

人は勝手に育たない 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/11/10 09:24)