看護師は転職理由を聞かれたときポジティブに - キャリアデザイン - 専門家プロファイル

藤原 純衛
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

看護師は転職理由を聞かれたときポジティブに

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアデザイン

面接で聞かれた転職理由をポジティブに答えるには、どのような言い方をすればいいのでしょうか。


今回は「職場の人間関係」について聞かれたときに採用担当者を納得させるためのポイントを考えていきましょう。


●人間関係がうまくいかなかった

・誰とでもうまくやっていけないタイプなのではないか。
・性格的に短気で、キレやすいのではないか。
・社交性や協調性に欠けるところはないか。


この退職理由はもっとも嫌われます。


たとえどんなに客観的に判断して「そんなヒドい上司・病院ならしょうがないな」と理解戴いたとしても、同じような場面になったら、今後も何らかのトラブルを起こすのではないかと心配が先に立ってしまうからです。


病院が組織で動いている以上、調和を乱す可能性がある人は患者さんに与える影響も加味し避けるのは当然でしょう。


できることなら、この理由を退職理由とすることは避けたいところですが、どうしてもこのこと以外では説明できないという方は、トラブル相手に対するウラミツラミにならないよう、客観的かつ冷静に事実を述べるにとどめましょう。(興奮して話しが長くならないように特に注意しましょう)


そのうえで、穏当におさめられなかったことを反省するとともに、他の同僚などとの関係を説明して、決して協調性に欠ける一匹オオカミではないことを説明すべきです。


人間関係が転職を決断するきっかけにはなったが、転職を考え始めたのはもっと以前からだという人は少なくないはずです。

周囲とうまくいかなくなった背景に、単に性格的にそりが合わないというだけはない、何らかの事情があるのではありませんか?


もしそうであれば、人間関係がうまくいかなかったことはあえて理由としてあげなくてもいいと思います。


転職を考えるようになった本当の理由をしっかり認識して、面接官に納得してもらえる退職理由を工夫してください。


退職理由は志望動機の裏返しです。


新しく求める病院が、仕事に何を望むのかを整理し、その希望を満たすための転職であると考えれば、より前向きに退職理由をとらえることができるのではないでしょうか。

 

このコラムに類似したコラム

看護師の転職理由 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/05/19 22:42)

置かれた環境の中でどうがんばるか 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/09/02 08:00)

看護師の転職理由:お給料が低かった 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/08/17 08:00)

「看護師の転職理由・職場の人間関係」をクリアする 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/08/14 19:08)

看護師にとって給与・勤務条件以上に重要な情報 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/08/04 11:03)