訪問者を直帰させない方法:直帰率改善1 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ホームページ・Web制作

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

訪問者を直帰させない方法:直帰率改善1

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
アクセス解析・LPOの有効な活用方法 検索ワードから見える「ユーザー」

訪問者を直帰させない方法:直帰率改善1



前回『検索ワードから見える「ユーザー」』のコラムは、検索ワードを利用した「“正しい”サイト訪問者の見つけ方」について説明した。そこで今回は、検索ワードを利用してサイト訪問者をどのように繋ぎ止めていくか(直帰させないか)という話をしたい。

まず、サイト訪問者を繋ぎとめるためには、Web サイトに訪問した直後のページで離脱してしまう訪問者、つまり、直帰してしまう訪問者の流れを改善する必要がある。

訪問数が増えても「直帰率」が高いと効果がない


SEO や広告などで訪問者が増えたとしても、結果としてコンバージョン数が増えないといったケースが多々ある。

その場合、まず「サイトを訪問して、すぐに帰ってしまう訪問者ばかりが増えていないか」、すなわち、入口ページにたどり着いた直後に帰ってしまう訪問者の割合である「直帰率」を調べてみる必要がある。

もし、「直帰率」が高まっている場合、入口にたどり着いた直後に帰ってしまう訪問者が多いことになり、訪問者の増加は意味がなくなってしまう。その際は、いかにして、訪問者を「次ページ」に誘導していくかの、対策が必要となってくる。

アクセス解析:シビラ
ホームページ制作会社:環

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アクセス解析・LPOの有効な活用方法」のコラム

直帰率が高くなる原因(2008/01/16 09:01)

「真の顧客」は誰か?(2007/12/13 00:12)