情報漏洩して困るデータはありません?? - ITコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

岡本 興一
ウィジット株式会社 代表取締役
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ITコンサルティング

本間 卓哉
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
岡本 興一
岡本 興一
(ITコンサルタント)
本間 卓哉
(ITコンサルタント)
井上 敦雄
(ITコンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

情報漏洩して困るデータはありません??

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ITコンサルティング
  3. ITコンサルティング全般
リスクマネージメント
中小企業の経営者の中には、
「当社のPCには、見られて困るデータはない。漏洩して困る情報はないからセキュリティ対策は不要だ」
とおっしゃる方がいらっしゃいます。

でも、本当にそうでしょうか?

従業員の住所も、個人情報であり漏洩してよいものではありません。

個人情報保護法のガイドラインとして、5000件のデータを扱っているところ・・というのがありますが、罰則の対象として法を厳密に運用する事業所の基準であって、5000件未満しかもっていないから、漏洩してもよいというわけではありません。

従業員のプライベートな情報が漏洩した会社が、公になれば、もしかすると倒産するほどの打撃を被るかもしれません。

そもそも、セキュリティ対策は、情報漏洩対策だけではありません。
故障すれば使えなくなります。
故障対策もセキュリティ対策の一環です。

それに、ウィルスなどにやられた際、自社のデータが流出せずとも、他人の会社やPCを攻撃し、加害者となってしまう可能性が非常に高いのです。
その場合、実害を与えると、民事訴訟の対象となる可能性もあります。

ですから、セキュリティ対策と無関係である企業はないのです。