離婚の危機 4つのケース - 家事事件 - 専門家プロファイル

行政書士阿部オフィス 行政書士
神奈川県
行政書士
045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
東郷 弘純
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚の危機 4つのケース

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
コラム その他いろいろ

【ケース1:妻の実家依存(母との密着)】

1.妻実家近くで生活している
2.妻母が、夫婦関係のことに何かと口出しをしてくる
3.妻は自分の考えがなく、妻母の言いなりのようだ
4.妻は実家に入り浸りで、夕食も実家でとることが多い
5.夫婦喧嘩の際には、妻実家が妻を囲ってしまい、妻と話し合うこともできない

コメント:結婚した際、妻が望むからと安易に妻実家近くに住居を構えることは避けたほうがよいと思います。
妻は実家が近くにあると、いつまでも娘のままで、妻にはなってくれません。
娘のままでいたほうが、楽ですから。


【ケース2:不動産購入】
夫婦関係の改善を願って不動産を購入するのか、不動産購入後に夫婦関係が悪化するのか、どちらが先か不明だが、不動産購入後1年程度で離婚となり、資産価値以上の負債を抱えた不動産の処分に悩む。

コメント:夫婦関係は、不動産を購入したからといって、好転するわけではありません。夫婦関係の改善は、話し合いで解決を!

続きは、離婚の危機4つのケース へ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 行政書士)
行政書士阿部オフィス 行政書士

男性のための離婚相談。頼れる安心のパートナー

(1)豊富な情報量とノウハウの提供(2)意思決定の支援・問題解決の助力と支援(3)離婚のコンシェルジュサービスこの3つを軸に、あなたの話しをじっくりと聞き対処すべき課題をみつけ、具体的解決のために最適な方法をコーディネートします。

045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「コラム」のコラム

ステップファミリー(2012/01/31 13:01)

養育費の減額方法(2012/01/08 17:01)

離婚後の分類(2010/11/18 11:11)

法定離婚理由(2010/11/15 16:11)