ハワイ投資 - その3 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

岡村智恵美
ハワイ州公認不動産販売員
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ハワイ投資 - その3

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
ハワイ不動産 購入に際して

つまり、ハワイの投資はあまりおいしい投資とは言えない、というか、利回りは大体3%位と言われて言います。それはあくまでも高い土地の価格が物件価格に反映しているからです。

確かに、リーマンショックなど、経済を大きく揺るがしかねない要因が発生すると、一旦は、ハワイの不動産価格も下落していますが、元に戻る「リバウンド力」が米国本土より大きく、「リバウンドが速い」、「リバウンドした時の価格は、下落前より上昇している」というのがここ20年、30年のハワイの不動産価格の動向です。

つまり、ハワイの不動産価格は徐々に上昇しているので、持ちこたえる力があれば、「キャピタルゲイン」を狙える地ではあるようです。

実際、2006年に60万ドル台売り出された物件が、今や3倍の値が付いて2ミリオン越えという物件もありますから。

では何故それ程ハワイの不動産が魅力的なのでしょうか。

それは一重に、「全米第4位の安全な社会」、「1年中穏やかな温暖な気候さ」、「少ない天災被害」、「アロハスピリットに代表される地元民の受け入れ態勢のよさ」、「外国にいながら日本を身近に感じられる」、等々の理由から、世界中の人々のあこがれの地という需要の高さにあります。

今となっては日本ではすでに死語になった「キャピタルゲイン」が狙える土地であるということで、多くの投資家が飽くことなくハワイに投資し続け、供給が大幅に需要を上回り、必然的に不動産価格が他の地より高くなっているのです。

高利回りだけを狙うなら、東南アジアへの投資の方がずっとリターンはいいですが、まだまだ東南アジアへの投資には「カントリーリスク」もあります。

ハワイと日本はビジネス関係が構築され、不動産の売買も活発に行われてきた歴史があり、その分、「物件の良し悪しの判断が簡単」という点も安心材料の一つです。

また、東南アジアではまだまだ信頼のおけるエージェントを探すのにも問題はあります。

しかし、ハワイは日本語のできる不動産エージェントも多く、コミュニケーションが容易という点は、高額な買い物をする投資家にとっては大きな安心材料ではないでしょうか。

ハワイの不動産投資について少しお話させていただきました。

 

このコラムに類似したコラム

物件情報のイロイロ【地震に関する地域危険度測定調査】 藤森 哲也 - 不動産コンサルタント(2012/04/27 18:02)

「売主の表示」について 真山 英二 - 不動産コンサルタント(2010/12/01 23:00)

土地取得~住宅建設コンサルティング   by不動産ドクター 鈴木 豪一郎 - 宅地建物取引主任者(2010/06/05 14:29)

【全国出張します!】投資マンションの売却に関する個別相談 受付中! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/11/22 11:00)

マッキーの『誰でもわかる不動産塾』 第1回 阿部 龍治 - 相続&不動産コンサルタント(2016/09/28 15:37)