境界性人格障害の母と発達障害の小3男児 - 親権・養育費 - 専門家プロファイル

行政書士阿部オフィス 行政書士
神奈川県
行政書士
045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:離婚問題

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

境界性人格障害の母と発達障害の小3男児

- good

コラム 離婚と子ども

境界性人格障害の疑いがある母を親権者とすることに不安を感じる方は少なくありません。

婚姻期間中に父に向いていた敵意が離婚後は子どもに向かうのではないかとの不安、子どもを置いて夜中に出歩くのではないかとの不安、朝起きて子どもに身支度や食事を与えることができるのか不安、などの相談があります。


本ケースでは、調停での父の照会書の回答内容から、父が親権を強く望んでいること、母には人格障害が疑われること、長男に対して心理的虐待があったこと、父が母に内密で長男を精神科に連れて行ったところ広汎性発達障害の疑いがあると診断されたことなどが記載されていたことから調査官が初回期日に出席することになったものです。

男の離婚相談/阿部マリ


家裁月報63-12-117


母から父に対して離婚を求める調停。夫婦の間には、小3の長男がいる。

申立後に、母子は実家に行き母方祖父母と同居、父は公営住宅に引っ越した。

別居後、週1回、父子は面会を続けている。


申立書によれば、母が離婚を求める理由は、父の浮気、暴力及び暴言であり、長男はいつも泣いているという記述もあった。

なお、父は、約1年前から無職で現在は生活保護を需給しており、母は別居後パートで働きつつ母方祖父母からの援助を受けていた。


手続選別では調停先行であったが、父の照会書の回答内容から調査官が初回期日に出席することになった。

同照会書では、父は、親権、監護権を強く望んでいること、母には人格障害が疑われること、長男に対して心理的虐待があったこと、父が母に内密で長男を精神科に連れて行ったところ広汎性発達障害の疑いがあると診断されたことなどが記載されていた。


続きは、 境界性人格障害の母と発達障害の小3男児 へ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 行政書士)
行政書士阿部オフィス 行政書士

男性のための離婚相談。頼れる安心のパートナー

(1)豊富な情報量とノウハウの提供(2)意思決定の支援・問題解決の助力と支援(3)離婚のコンシェルジュサービスこの3つを軸に、あなたの話しをじっくりと聞き対処すべき課題をみつけ、具体的解決のために最適な方法をコーディネートします。

045-263-6562
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「コラム」のコラム

韓国の養育手帳(2014/06/03 15:06)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 面談相談

料金
10,000円

年間1000件の相談実績。
阿部オフィスでは、解決のために、離婚協議書等条件書面の作成と相談、アドバイス・コーチング・離婚相談・コンサルティング、情報や資料の収集、手続きの代行、他士業との連携等、 最適な方法をコーディネートします。
多様な案件に関わってきた経験から、個別具体的な解決方法を提供しており、弁護士等、他の専門家とも連携しております。

面談相談

このコラムに類似したコラム

親権:別居後自宅の鍵を替えられて不安になった子ども 阿部 マリ - 行政書士(2013/06/15 11:00)

財産分与を決めるための手続は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 10:27)

離婚調停は難しくない!?[離婚調停の流れ] 坂井 利行 - 探偵(2016/08/30 11:48)

幸せな離婚① 藤原 文 - 行政書士(2015/01/02 14:39)