曲がらないドライバーショットのためのゴルフピラティス - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

曲がらないドライバーショットのためのゴルフピラティス

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ピラティス&ウォーキングレッスン

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。


ドライバーショットが曲がらない!誰もが何よりも望んでいることですよね。


曲がらないショットに必要なものは・・・

やっぱり何よりも大切なのは、軸がぶれないこと!!


軸=背骨


背骨の軸を引き伸ばす意識をキャットストレッチで行っていきましょう。


キャットストレッチ

1)四つん這いになります。肩の下に手、股関節の下に膝。背骨は床と平行になるようにしっかりお腹を引き上げ、身体を支えましょう。

目線は斜め前、首の後ろもしっかり引き伸ばし、頭とお尻を引っ張り合った状態からスタート。

2)鼻から息を吸って口から息を吐きながらお腹を背中の方に引き上げていきましょう。背骨と背骨の間をあけていきます。

さらに頭は両腕の内側に、骨盤は後掲させ、身体の下で頭と恥骨を近づけていくイメージです。

3)鼻から息を吸って口から息を吐きながら、元の位置に戻します。

肩甲骨を下げ、頭とお尻を引っ張り合いながら、背骨をしっかり引き伸ばしていきましょう。お腹が床と平行になるように、しっかりお腹で体を支えます。頭が下がりやすいので、しっかり首の後ろを伸ばします。

4)ここまでで1セット。5セット行いましょう。

1セットごとに背骨と背骨の間があいて、動きやすくなるのを感じていきましょう。

頭からお尻までを引き伸ばすときに、アドレスのときの頭から鼻骨までを引き伸ばすことが大切なのですが、四つん這いの状態でも、アドレスのときと同じ。しっかり背骨(軸)を意識できるようになることもとても大切です。


毎日行うことによって、背骨の意識がかなり違ってきますのでぜひおためしを!








このコラムに類似したコラム

エヴァンタイユGC 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/25 16:37)

メンタルも強くなる!!パッティング&呼吸 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/09 19:42)

ゴルフサイト「CURUCURU」新コラム-【暑さに負けない体づくりをしよう】2 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/07/03 16:58)

4月ピラティス&ゴルフピラティススケジュール【港区芝大門/浜松町 ゴルコ 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/03/17 10:58)

2月ピラティス&ゴルフピラティススケジュール【港区芝大門/浜松町 ゴルコア】 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/01/21 16:54)