分散投資とポートフォリオを考える - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー
神奈川県
ファイナンシャルプランナー
046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

分散投資とポートフォリオを考える

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
お金の基本
資産運用を考える時のかかせないのが「分散投資」と「ポートフォリオ」です。
皆さんはこれらをどのように考えるでしょうか?

投資とは無縁とお考えの方のAさん。
「私は預貯金しかしないから投資はしないのだ。」と言いました。
Aさんは問題ないのでしょうか?
「私は将来を考え資産運用をするから分散投資は当たり前。」とおっしゃるBさん。
Bさんは難しいことを考えているのでしょうか?

この答えはポートフォリオにあります。

まずポートフォリオとは、分散投資をする際の金融資産の割合のこと。
では分散投資がなぜ必要なのか?

それはよく「1つの籠に多くの卵を盛るな。」という諺のように、1つに集中させてそれがダメになったとき、すべてダメにしてしまうことを避けたいからです。
高校や大学受験を思い出して下さい。皆さん必ず併願しますよね。

ご自身の偏差値が60だとしたら、もちろん60近辺を受験しますよね。

預貯金だけしか持たない人は、偏差値60あっても落ちたくない、つまり損したくないから偏差値40の所だけしか受験しないようなもの。
たしかに偏差値60だからと言って60の所だけを受験して落ちてしまえば、学校そのものへ行けなくなります。
だからと言って偏差値60あるのに40のところを受験すれば、さすがに合格するでしょう。
だから学校へ行けない、つまり損をすることは避けられますが、そんなことはしませんよね。
でもこれがAさんの考え方。不自然ですよね。

普通、偏差値60あったら落ちたくないからいくつか併願します。4つ併願したら4校のポートフォリオを考えます。1校1校、校風や将来の就職率、サークルの魅力なんてのもあるかもしれません。それらを考えることがポートフォリオを考えることです。
そして大体偏差値60の人は60近辺の学校へ行くことになるわけです。
つまり分散投資が成功するわけです。

皆さんは偏差値が高いのだから、わざわざ偏差値の低い預貯金への集中投資はしませんよね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
ワタナベマネークリニック ファイナンシャルプランナー

マネーリテラシー向上で、家族みんなを幸せに!

ファイナンシャルプランナーは保険や金融商品を売るのが本業ではありません。将来の不安を解消する良き相談相手として、将来のライフプランを実現させるお手伝いを致します。マイホームの購入、子供の大学受験や定年退職などに備えられる提案を致します。

046-276-9328
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

リスクは危険?(2007/11/04 22:11)

資産運用についての考え方(2007/11/04 00:11)