ライフログ 最近の新聞記事 (Tポイントカード(1)) - 企業法務全般 - 専門家プロファイル

フランテック法律事務所 
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:企業法務

河野 英仁
河野 英仁
(弁理士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ライフログ 最近の新聞記事 (Tポイントカード(1))

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 企業法務
  3. 企業法務全般
ライフログ

Tポイントカードで顧客の医薬品購入履歴(ライフログ)を取得・利用

平成24年7月18日の朝日新聞の記事で、TSUTAYA(ツタヤ)を運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)が、Tポイントカードを利用しているユーザーのライフログの一種である医薬品購入履歴(商品名等)を取得し、これをマーケティングに利用していることにつき問題があることが報じられています。

http://www.asahi.com/national/update/0717/NGY201207160032.html

(ネット上の報道記事なので既に削除されている可能性があることをご理解ください。平成24年7月17日)

 

医薬品の購入履歴でのアメリカで発生した事例

2012年1月頃、アメリカの大手ディスカウント百貨店チェーンが女子高生宅に、ゆりかご等の妊婦を対象としたクーポンを送ったところ、これを見た女子高生の父親が、「娘に妊娠することを勧めているのか!!」と激怒して、このチェーンに対してクレームを出したという事例があります。

この百貨店チェーンは、女子高生の妊娠検査薬の購入履歴(ライフログ)から、その女子高生が妊娠していると推測し、マーケティングの一環(行動ターゲティング広告)として、その女子高生に対してゆりかご等の妊婦を対象としたクーポン送付していました。

このアメリカの事例では、このチェーンが女子高生の購入履歴(ライフログ)から推測した通り、その女子高生は実際に妊娠していたことから、父親が後日そのチェーンに謝罪したことで終わったようです。

朝日新聞の記事によると、CCCは、医薬品の購入履歴(ライフログ)を、「品ぞろえの拡充、見直しに使う」としていることから、各顧客の購入履歴(ライフログ)を分析して、その顧客に対して、直接的に広告を送るような「行動ターゲティング広告」を行っていないようですので、Tポイントにおいて、アメリカのような具体的な事例は生じていないようです。

しかし、紹介したアメリカの事例のように、医薬品に関してCCCが「行動ターゲティング広告」を送るようになれば、アメリカと同様の問題が生じる可能性も否定できません。顧客の購入履歴(ライフログ)を利用する企業は注意が必要になると思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(弁護士)
フランテック法律事務所 

フランチャイズとIT業界に特化。最先端ノウハウで支援します

フランチャイズ本部と加盟店に対して、法的アドバイスでのお手伝いをしてきています。また、インターネット関連のベンチャー企業の事業展開のお手伝いもしています。特に、株式公開を目指すベンチャー企業のために、お手伝いができればと思っています。

カテゴリ 「ライフログ」のコラム

ライフログの意味・定義(2012/07/22 20:07)

ライフログとは?(2012/07/17 21:07)

このコラムに類似したコラム

ライフログ 最近の記事(Tポイントカード(2)) 金井 高志 - 弁護士(2012/08/02 22:00)

ビジネス法務2011年4月号、多重代表訴訟 村田 英幸 - 弁護士(2013/09/19 13:26)

ライフログの意味・定義 金井 高志 - 弁護士(2012/07/22 20:00)