大きい家と小さい家の坪単価 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大きい家と小さい家の坪単価

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●Coffee Break

大手のハウスメーカーでも「坪単価X延べ坪数」で建物総額を割り出して、契約しているところもあります。便利ですが合理的なのでしょうか?

木造住宅の場合、総予算を概ね3分割にすることが出来ます。1/3は構造に必要なお金です。1/3は仕上げに掛かる費用です。残りの1/3は設備に関係する費用です。
もう少し具体的に云いますと、30坪で1800万円の家があった場合、1200万円は構造と仕上げに要する費用です。残り600万円が設備に要する費用です。
構造と仕上げに掛かる費用は建物の大きさに比例します。しかし設備は建物の大きさに関わらず一定費用が必要です。
先ほどと同じ仕様で20坪の家の場合坪単価はどうなるでしょうか。構造と仕上げは建物の大きさに比例しますから、20坪x20万円+20坪x20万円=800万円となります。設備は坪数が減ったからと云って、キッチンも浴室も便所も減らす事が出来ませんので、600万円そのまま掛かり、800万円+600万円で、総額1400万円の家になります。
1800万円の時は30坪でしたので坪単価は60万円です。1400万円の場合20坪ですので坪単価は70万円に上がります。
40坪の家であれば構造・仕上げで1600万円になり、設備は600万円ですから2200万円になります。坪単価に直しますと55万円です。

同じ仕様の同じ建物でも規模が違えば坪単価が変るのです。工務店さんに「お宅は坪単価幾らで工事してくれますか?」と尋ねる事の無意味さがお判り頂けるでしょうか?坪単価は想定が違えば同じ仕様でも全く変ってしまうのです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●Coffee Break」のコラム

年末ご挨拶(2013/12/30 09:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 新築・増改築のご相談

住宅性能表示制度や長期優良住宅やエコポイントにも対応する、環境とお財布に優しい住まいの提案

料金
無料

経済的な熱損失計算(性能基準)で、次世代省エネ基準を取得できる提案をします。
構造等級3を基本にご相談いたします。木造三階建て等で行う応力度計算も自社で行いますので、意匠と構造の齟齬がありません。
また、IAU型免震住宅設計資格取得者として、免震住宅等の相談も行っています。

新築・増改築のご相談

このコラムに類似したコラム

弊社における家造り-1 趣旨 菊池 克弘 - 建築家(2012/12/04 16:00)

土地探しサポート 奥山 裕生 - 建築家(2011/02/23 20:00)

住まいづくりとリフォーム、みんなが聞いてみたいこと。 富樫 孝幸 - 建築家(2010/08/09 11:10)

空き家活用プロジェクト 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/15 10:00)

子供室の計画は? 栗原 守 - 建築家(2016/07/03 11:45)