古い座卓の天板に、アイアン製の脚を取付けました。 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

一級建築士事務所エス 代表
東京都
建築家
03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

古い座卓の天板に、アイアン製の脚を取付けました。

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅

加藤幸彦(エス)です。


完成引渡しから半年が過ぎた「コモレビテラスハウス」。

夏を迎えたピアノのあるリビングルームに、先日、特注製作のテーブルを搬入してきました。


「特注」とは言っても、完全なオリジナルではありません。

建て主さんの古いお宅には、今までずっと使ってきた古い座卓がありました。

その天板を再利用したものなのです。


何十年も使いこんできた結果、木目がくっきりと浮き出した1枚の板。

それを新しいテーブルに作り直したのです。


テーブルの脚は、今までも何度かコラボした鍛鉄作家の中澤恒夫さんに作ってもらいました。

ちょっぴり生物的な形状で、そして「鉄」の素材感が味わい深い、とっても個性的な「脚」です。




**********************************************

加藤幸彦(エス)の設計事例は、

→作品集ページ

http://www.sp-n.gr.jp/saku/saku_index.html

**********************************************

 

エスのWEBSITE(official)

http://www.sp-n.gr.jp/

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
一級建築士事務所エス 代表

テーマは「環境的居住空間」「小さな家」「リノベーション」。

建築の価値観が大きく転換しつつある今、社会的価値観とクライアントの個性を同時に重視し、「美しい空間デザイン」がどうあるべきかを常に問いながら設計活動をおこなっています。

03-3334-3843
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 【初心者限定・質問箱】東京で注文住宅を建てるには。

費用・土地・法律・性能・デザイン・・・みんな最初は初心者です。超初歩的質問、雑談もOK!

料金
無料

メール相談。東京エリア・家づくり初心者限定です。
多くの注文住宅を設計してきた建築家・加藤幸彦(エス)が、「家づくり」の実践・初歩編を分かりやすく伝授します。「何も分からない状態」→「ちょっと分かってきた!」にステップアップしましょう。

【初心者限定・質問箱】東京で注文住宅を建てるには。

このコラムに類似したコラム

化粧不燃パネル 松永 隆文 - 建築家(2016/06/11 09:14)

キッチンパネル貼り 松永 隆文 - 建築家(2016/05/05 09:13)

竣工写真の御紹介 松永 隆文 - 建築家(2015/01/06 09:21)

一流のコックvs妻の手料理。勝ったのはどっち? 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2013/10/14 12:33)