挨拶の意味を話すことで - 社会保険労務士業務 - 専門家プロファイル

ユニティ・サポート 代表
東京都
経営コンサルタント
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

渋田 貴正
渋田 貴正
(組織コンサルタント)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2017年03月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

挨拶の意味を話すことで

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 社会保険労務士業務
社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集 現場の事例・私の体験
 挨拶は大事だと常にたくさんの人が言います。でもなぜ大事なのかはなかなか説明できません。
「そんなの当たり前」、「人としての基本」などと言われるのがオチでしょう。多くの人は小さい頃から親に「きちんと挨拶しなさい」と言われながら育ち、無意識のうちにそういうものだとすり込まれてきたからなのだと思います。

 私は新入社員を相手に礼儀などの話をする時、なぜ挨拶が必要で大事なのかを理屈として話すようにしています。ここにすべては書けませんが、「動物にも挨拶行動があるが、それがなぜ必要か」というようなことから「挨拶が自分の当面の仕事にどうつながるか」というようなことまでの内容です。
 これを話した後にマナー研修などをやると、明らかに参加者の取り組み姿勢が違います。人が行動するためには納得が必要で、納得がない行動は習慣化しませんが、今までは単に常識と言われるだけだったことを論理的に説明することでその意味を理解、納得することができ、実際の行動にもつながっていったということです。

 “当たり前”として特に説明せずにいることについて、あえてその意味を調べて見直すということも、時には有意義だと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「社員にやる気を出させるヒントになるエピソード集」のコラム