【あなたの軸は?】 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

長坂 有浩
アリスカンパニー 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【あなたの軸は?】

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
コミュニケーションの達人になるために その他
「話しやすい人」と「話しにくい人」。
何が違うんだろう。

【話しやすい人】
話をよく聞いてくれる人
話が面白い人
落ち着いている人
のりのいい人
決断力のある人

【話しにくい人】はその逆かな。

コミュニケーションにおいて、
「お互いの信頼感がとっても大切」という話は何回かしているけど、
もっと突き詰めると、ここに突き当たる;


「軸がぶれないこと」


ここでいう「軸」とは、

「その人の生き方、価値観、考え方」の軸。

自分はどのように生きていくか
自分は何をいいと思い、何が許せないか
自分の得意分野はなにか、自分の欠点はないか

こういったことを自分で理解している人。

相手に対してコミュニケーションがしやすいか否かは、
実は、相手の言葉そのものが問題なのではない。

相手の軸がぶれることで、
自分の中で相手の反応が読めなくなることが一番怖い。

予想外に怒られる。
NOと言われる。
話を聞いてくれない。

前回はOKだったものが、今回は違う。
しかも、その理由がよく分からない。

人は話をするときに、
「こう言ったらこういう反応が返ってくるかな」
って予想をしている。

その予想のベースはこれまでの相手と接した中での経験則。

それがぶれると予想ができなくなるから、
何を話していいかわからなくなる。

短期的に軸がぶれちゃうときもある。
軸をぶらさなきゃいけなくなるときもある。

それはしょうがないかな。

でもそんなときは、
それを相手に伝えるだけでコミュニケーションは変わる。


大切なのは、
「相手が予想しやすい環境を自分が作ってあげること」


【今日の達人ワンポイント】
自分の軸を作ることが相手の安心感につながる。