不動産投資に限定されない - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

不動産投資に限定されない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

前回からの続き、不動産投資と会計について。

所得計算と収支計算を同時に意識することの重要性を確認しました。

そのために複式簿記は強力なツールとなります。

大切なのは複式簿記の可能性を意識的に広げることです。

多くの場合、試算表を作って所得を確認してオシマイ、となりがちです。


これまでこのお話は不動産投資を想定して進めてきました。

不動産投資は通常の事業に比べて将来の予測がしやすいので

これらの話が適用させやすいからです。


しかし、実は上の話はすべての事業において適用しなければなりません。

製造業でも小売業でも建設業でもサービス業でも同じです。

所得計算と収支計算を同時に意識することは本当に大切です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

ものは使いようです(2016/12/11 07:12)

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

このコラムに類似したコラム

複式簿記ではわからない 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/15 01:00)

3つの資料の時系列 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/22 01:00)

キャッシュフロー計算書 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/20 01:00)

複式簿記に頼り過ぎない 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/16 01:00)

利益は税金計算に使われる 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/13 01:00)