結局は複式簿記も重要 - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

結局は複式簿記も重要

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
経営 会計・税務

前回からの続き、不動産投資と会計について。

未来の収支計算を行うためには税金計算も重要です。

ということは結局複式簿記が必要になります。


複式簿記を使って所得を計算することは節税上も意味があります。

正式な複式簿記を使うことで青色申告などの特典が受けられます。

事業を潰さないためには複式簿記や所得計算に頼りすぎてはいけません。

しかしそれでは複式簿記を蔑ろにして良いのか、というとそうでもありません。


理想なのは

・毎月複式簿記できちんと経理をする

・試算表をチェックして現在の所得状況を確認する

・CF計算書を作成してこれまでの収支状況も確認する

・資金繰り表を使って将来のお金周りを予想する

・将来の資金繰り予想時に税金についても考慮する

・税金を安くするには複式簿記が有効である


はい、これで一周しました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

判断をしないことの重要性(2016/11/28 07:11)

このコラムに類似したコラム

65万円と10万円の違い 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/07 01:00)

青色申告は基本中の基本 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/10 01:00)

3つの資料の時系列 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/22 01:00)

キャッシュフロー計算書 高橋 昌也 - 税理士(2012/07/20 01:00)

それでも所有に対する税金はメイン足り得ない 高橋 昌也 - 税理士(2012/04/22 01:00)