電力消費を考慮したIT運用 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

神奈川県
経営コンサルタント
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

電力消費を考慮したIT運用

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
IT化
中小企業診断士の長谷川です。こんにちは。
今日は電力消費を考慮したIT運用についてのお話です。

環境問題に対する意識が世界的に高まる中、情報システムでも電力問題は無視できない課題になっています。経済産業省もIT機器全体の省エネを実現するための技術開発に向け、「グリーンITプロジェクト」を立ち上げ、2008年度に50億円弱を投入したい考えのようです。

企業が日々行っているIT運用においても、以下のようなことに気をつけることで、電力問題に貢献することができます。

・サーバーなどハードの数を無計画に増やさない
・サーバーを設置しているサーバー室内でのラックの向きを揃え、空気の流れを一定方向に揃える
・サーバー室内の空気の流れを妨げる積み上げられたダンボールや作業机などを整理する
・クライアントパソコンの電力管理機能(電力オプション)をきちんと設定する
・クライアントパソコンのスクリーンセーバーにはプロセッサの処理能力をより使うものは使わない(3次元CGや動画などを多用するものなど)

電力消費を考慮したIT運用。是非実行してみてください。

横浜で働く中小企業診断士長谷川進のブログ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)

新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

日本アイ・ビー・エム在籍時の15年間に多数のITプロジェクトに参画しました。その経験から、「新規事業が失敗する場合の多くは、構想段階に問題がある」と考え、リスクヘッジを根底においた事業戦略の策定、プランニングを行っております。

080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IT化」のコラム

メガネ型ウエアラブル端末(2016/11/30 09:11)