(18)再雇用後の在職老齢年金(続き) - 社会保険労務士業務 - 専門家プロファイル

日本橋人事賃金コンサルタント・社会保険労務士小岩事務所 代表
東京都
社会保険労務士
03-5201-3616
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人事労務・組織

羽田 未希
(社会保険労務士)
渋田 貴正
(組織コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

(18)再雇用後の在職老齢年金(続き)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人事労務・組織
  3. 社会保険労務士業務
60歳以降の賃金設計 60歳以降の賃金

■ 在職老齢年金の具体的計算方法



漠然と算定式を見ても、イメージが湧きませんので、具体例でみていきましょう。
ほとんどのケースは、表の網掛け部分だと考えられます。これを押さえておきましょう。

【在職老齢年金の計算例】
条件(例)昭和22年4月20日生まれの男性 
年金額    1,200,000円 
60歳時点の賃金 400,000円
60歳以後の賃金 240,000円(=標準報酬月額)
その月以前1年間の標準賞与額 1,200,000円

●総報酬月額相当額(平成19年5月から)
A.標準報酬月額         240,000円

B.平成19年5月以前1年間の標準賞与額の12分の1
1,200,000円÷12 =100,000円

C.総報酬月額相当額=A+B=340,000円  
       

●60歳(定年)後の基本月額(5月から支給)
D.年金額÷12=1,200,000円÷12=100,000円


●在職老齢年金
基本月額−(総報酬月額相当額+基本月額−280,000円)×2分の1

=100,000円(D)−(340,000円(C)+100,000円(D)−280,000円)×2分の1=20,000円

従って、事例では60歳以降、賃金の減少により、20,000円の年金が支給されることになりました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 社会保険労務士)
日本橋人事賃金コンサルタント・社会保険労務士小岩事務所 代表

約20年の総務経験を活かし、企業の人事労務を完全バックアップ

東京都中央区日本橋で、企業の人事労務のバックアップをさせていただいております。東京駅歩3分に事務所を構えておりますので、都内はもちろん、近郊までフットワーク軽く活動しております。労働環境作りお任せください。

03-5201-3616
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「60歳以降の賃金設計」のコラム