和室と浴室 - 住宅設備全般 - 専門家プロファイル

納谷建築設計事務所 主宰
神奈川県
建築家
044-411-7934
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設備

大谷 正浩
(住宅設備コーディネーター)
松本 秀守
(住宅設備コーディネーター)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

和室と浴室

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設備
  3. 住宅設備全般
北茨城の平屋
和室と浴室の下地は、他とは少し違います。

和室は、敷居や鴨居のように木部が直接仕上になったりするので、材料の選定や造り方に気配りが必要ですが、造った後の養生も大切です。
建築には造る順序がありますから、先に仕上げが出来ていくものには、養生が必要になるのです。

浴室は、文字通り「水回り」なので、住宅内部での防水工事が必要となります。
「北茨城の住宅」ではFRP防水を施しました。
防水工事がきちんとしていなければならないことは、当然のことですが、実際に住宅内部で漏水した時の補修は大がかりなものとなってしまいます。

住宅は、部屋や用途によって仕上げが違いますが、それによって当然ですが下地も違います。

すべての仕上げにはそれに適した下地の準備が必要です。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 建築家)
納谷建築設計事務所 主宰

家は住む人のもの。芸術でも、敷居の高いものでもありません

日本の街並み、住環境を豊かな空間に変えたい。建築が出しゃばることなく住む人のための住宅を提案したい。皆さんの家への願いを最短かつ最適に適えたい。だから僕らに遠慮なく何でも話してください。住宅はあなたのものなのですから。※僕が納谷兄弟の兄です

044-411-7934
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「北茨城の平屋」のコラム

本日、発売!(2007/01/19 00:01)

いつものセット!(2006/11/18 00:11)

レベルと空間は使い方(2006/11/04 00:11)