高いISO感度をもっと使ってみたい - 写真撮影レッスン - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

高いISO感度をもっと使ってみたい

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. 写真撮影レッスン
そうだったの?意外なカメラの知識

そうだったの?意外なカメラの知識:高いISO感度をもっと使ってみたい

よくお問い合わせを受ける上位の項目に「ISO感度はどの程度にセットすれば良いでしょうか?」があります。

これは、従来から「感度を上げるほどノイズが増えるため可能な限り低くしましょう。」という模範解答が語られてきました。しかし、昨今のモデルではコンパクトデジタルカメラでさえ驚くほどの低ノイズを実現しています。こうした状況を踏まえ、高いISO感度を使うメリット・デメリットを考えてみます。


既に語りつくされた感がある「高いISO感度設定でのノイズ」とは、まるで画面全体に砂を撒いたかのようなザラザラとした粒状の斑点が見える状態を言い多くの方が経験しているものと思われます。高感度設定を使用することによるデメリットはこのノイズです。

しかし、撮影した写真に対し、そのノイズがどの程度の影響が出るのか(あるいは問題にならないのか)を知っておく必要があります。感度別に良く語られる内容を考察してみます。


【ISO1600(せんろっぴゃく)以上は使わないほうが良い】

なかなか詳しい人のアドバイスであろうと思われます。かつてのフィルム時代にはISO1600が一つの区切りであり一般的な使用に耐える上限でもあったことから、その1600という数字が一人歩きしているようです。しかし「デジタル全盛の現在では使用目的と使用サイズによっては問題にならないレベル」である可能性が高い数値です。

【通常はISO400(よんひゃく)に固定しておけば良い】

これも説得力があります。日中屋外では問題なく、室内でもほぼ対応可能な感度が400、と考えて間違いはないと思われます。ですが、室内では光量が少なく動きもの(室内で動くもの:ペット・小さい子供さんなど)は被写体ブレは避けられず、撮影姿勢や使用するレンズによっては撮影者側でも当たり前のようにブレを起こします。

【ISO100(ひゃく)が基本である】

長らくフィルムを使ってきた世代の方の多くはこのように発言なさいます。フィルムのスタンダードはISO100(当時はASA100と呼んでいました)でしたからその名残でしょう。ですが上記400の1/4(四分の一)の低感度であるため、室内撮影はほぼ無理でフルオート設定ではストロボが自動発光します。そのため被写体だけが白く飛んだ「上手に見えない写真」を量産することになります。ノイズからみた画質面でも100にすれば400よりも4倍美しくなるわけではなく、むしろブレのリスクが大きくなるデメリットのほうが大きいと思われます。あくまでも晴天屋外の撮影に限ってのスタンダードです。


さて、ここで考えたいのは、単にノイズを少なくしたい=だから感度はできるだけ低く、という単純な図式ではなく、「ブレを止めることとノイズのトレードオフ」の関係を知り、その分岐点・限界点を見極めるのが大切であるということなのです。ノイズだけを意識するのではなく、その対局に現れる「ブレ」というデメリットも知る必要があります。

また、最終的に撮影した写真をどのような形で使うのか?も重要です。写真がデジタル化してから「ピクセル等倍(ドットバイドット)」で見る機会が激増したと思われますが、実際にラボのプリントや印刷データとして使用する場合に、等倍もしくは等倍に近い倍率で使用することが果たしてあるのかどうか。webでの使用なら推して知るべし。です。

最終使用用途の寸法にリサイズされたデータでは、ノイズは全くといって良いほど気にならないことも多いものです。ですが、ブレている写真はリサイズされても画面全体が甘くブレたことが判ってしまいます。


今回のテーマである高感度を使うメリットは、シャッター速度の向上によるブレ低減であり、積極的に利用すべきではないか、ということなのです。盲目的に高いISO感度はノイズが多いからダメだと線を引くのではなく、更に高いISO感度でのアウトプットの品質を知り、実際の利用サイズでのノイズの具合を認識しておくことは無駄ではないはずです。


(サンプル写真:ロゴプレート右上部分をピクセル等倍でみるとある程度のノイズは確認できるものの、全体を縮小したweb用途ではまったく意識しないレベルに収まります。ブレを起こし画像が台無しになるリスクと判らないレベルに収まるノイズ。あなたはどちらを選択しますか?)


「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

単焦点レンズは安物か? 宮本 陽 - カメラマン(2016/01/14 13:00)

デジタル時代のアンダー露出を考える 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/26 11:00)

動きを感じる写真を撮るために必要なこと 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/13 16:00)

ノイズ過敏 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/01 11:52)

1/8000秒はいつ使う? 宮本 陽 - カメラマン(2015/09/23 15:08)