連載5:英検1級レベル到達のための勉強方法<単語⑤> - 英検対策 - 専門家プロファイル

山中 昇
英検1級道場 
千葉県
英語講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:英語

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

連載5:英検1級レベル到達のための勉強方法<単語⑤>

- good

  1. スキル・資格
  2. 英語
  3. 英検対策
英検1級対策 単語

■   単語は、背景や使っているシーンでビジュアルに記憶する

<例1:appease>

appease が出たらappeasementを思い出す。appeasementはappeasement policyを思いだす。appeasement policyは宥和政策と訳される。これは、1938年、ヒットラーの山荘でイギリスのチェンバレン首相、フランスのダラディエ外相が会談し、欧州大戦を防ぐべくヒットラーを宥めた会談ですが、チェコの分割を許したにもかかわらず、1939年にはドイツはポーランドに攻め込み英仏はついにドイツに宣戦布告します。このことは世界史の教科書にも書かれています。appeaseだけ覚えても、ほとんど使い物になりません。Appeasement policyとして、現代史の中で理解していけば使えるし、記憶が確かになります。

<例2:enigma>

enigmaは摩訶不思議な力を持ったものを表現する単語です。元々は、第二次大戦中にドイツ軍が使っていた、機密文書を暗号に組む機械ですが、イギリス諜報部はそれを手に入れ、天才的な数学者を使って解読に成功します。大戦中のドイツ軍の機密文書はすべて連合国側に漏れていました。ドイツ空軍がコベントリーという町を大空襲し、壊滅させ、多くの犠牲者を出しました。この町が狙われたのは、スピットファイアという戦闘機のエンジンを生産するロールスロイルの工場があったからです。チャーチル戦争内閣はこの空襲の情報をほぼ正確につかんでいましたが、避難命令を出すと、暗号が解読されていることをドイツ側に知られてしまうので、避難命令は出されませんでした。戦争に勝つというより大きな戦略のために、多くの、無辜の一般市民の生命が失われた事件です。こういう背景を知っていれば、enigmaという単語を一生記憶することができます。

このコラムに類似したコラム

英検1級道場-急がば回れ 山中 昇 - 英語講師(2015/01/30 22:33)

英検1級道場-悲喜こもごも-2014-3速報結果集まる 山中 昇 - 英語講師(2015/01/28 22:44)

英検1級道場-一念発起した現役教師あり 山中 昇 - 英語講師(2015/01/25 07:10)

英検1級道場-問い合わせに、このように返信しています 山中 昇 - 英語講師(2015/01/24 05:47)