標準利率12年ぶりに引き下げ - 保険の見直し - 専門家プロファイル

有限会社アイスビィ 代表取締役
大阪府
ファイナンシャルプランナー
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

標準利率12年ぶりに引き下げ

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し
保険 生命保険

今回、金融庁が、予定利率の目安となる「標準利率」について、現行の年1.5%から年1.0%へと引き下げる公算が強くなりました。その影響で各生命保険会社は来年4月より新規契約分の保険料を値上げする可能性が高くなりました。

そもそも、標準利率は、過去3年間または10年間の新発10年物国債の月平均利回りのうち、より低い利回りをもとに金融庁が算出しているものです。

前回の2001年4月の標準利率が2.0%から1.5%に引き下げられた際は、保険会社は相次いで保険料をアップしました。中には保険料が10%以上高くなった商品もあったぐらいです。

しかし、今回は景気悪化に伴う保険販売の低迷も重なっており、一律に前回同様、各保険会社がそのまま値上げし契約者に負担を転嫁するかは不明です。体力のある会社はコスト削減等で値上げを回避する可能性もあります。

何でも横並びの金融業界ですが、東電みたいに自分達は一切、身を削る姿勢さえみせず権利ばかり主張するのでは無く、先ずは自分達の身を少しは削る姿勢を見せて欲しいものです。便乗値上げだけは止めて頂きたいものですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
有限会社アイスビィ 代表取締役

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「保険」のコラム

厚生年金の加入拡大(2016/10/05 02:10)

かんぽ生命も販売停止(2016/05/01 14:05)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 住宅ローン借り換え相談

金利が高く借り換えを検討されてる方にアドバイス

料金
3,000円

金利が高い!他の銀行から借り換えを勧められている!そんな方は一度ご相談ください。

住宅ローン借り換え相談

このコラムに類似したコラム

金融庁が規制強化しても、生保販売は保険ショップがキーを握る 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2016/06/02 15:15)

かんぽ生命も販売停止 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/01 14:41)

生命保険は必要か? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/29 22:40)

シンプルな保険料の保険登場! 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2015/11/26 00:00)