65歳以降も夫に働いてもらいたい妻75% - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

65歳以降も夫に働いてもらいたい妻75%

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
家計の基本(お金との付き合い方)

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

電通総研は、団塊世代のファーストランナー(1947年生まれ)が65歳を迎えるにあたり、「退職リアルライフ調査~団塊ファーストランナーの65歳からの暮らし~」を実施しました。

 

調査は、65歳となり本格リタイア期を迎える団塊ファーストランナー男性200名と彼らを夫にもつ女性100名を対象に、65歳以降の仕事や暮らしに対する意識や行動について、インターネットで調査を行ったものです。

 

65歳以降の仕事について、団塊ファーストランナー男性の72.0%が65歳以降も働きたいと思っています。

実際に、調査時点で47.5%の人が仕事先が決まっており、29.0%がこれから探すつもり・探す予定。

 

団塊ファーストランナー男性を夫にもつ妻はどう思っているかというと、75.0%が夫が働くことを希望!

 

さらに、65歳の暮らしで不安なことの中で、45%の妻が「夫が時間をもてあますこと」を不安に感じ、「夫婦二人で向き合うことが増えること」を12%の妻が不安に感じていると回答しています。

 

夫婦円満の秘訣は、「亭主達者で留守がいい」ですかね。

 

 

森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

 

このコラムに類似したコラム

あなたは退職後の生活大丈夫? 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/31 16:36)

高齢者の社会参加と生涯学習に付いて 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/08 10:05)

樋口恵子氏 「高齢者(シニア)の社会参加が世の中を変える」聴講 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/08/01 09:00)

結婚のきっかけ、25歳までは「子どもができた」が50% 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/07/30 11:20)

共働き夫婦の家事・育児・介護を支える家事代行 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/25 17:00)