櫻の間 - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

村上建築設計室 
東京都
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
前川 知子
前川 知子
(インテリアデザイナー)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

櫻の間

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
光が丘のサクラハウス
久々に「光が丘のサクラハウス」の登場です。
前回はキッチンをご紹介しましたので、その先に続くリビングダイニングを・・・

    ・   ・   ・


キッチンの先には、この家のコンセプトである「桜」から名付けられたリビングルーム「櫻の間」があります。
クライアントから「他の部屋を必要最小限にして、その分、リビングルームを広くしたい」という要望もあり、とてもゆったり。今では子供たちが元気に駆け回っています。
また、余計な装飾は無く、光と風を感じるさっぱりとした空間に仕上がりました。

縦型ブラインドの先はデッキ材が張られたバルコニーになっていて、そのまま桜林の樹頂へとつながります。
日常生活のなかでこんなに間近に四季の移ろいが感じられるなんて、とても素晴らしいですね。
床材は無垢のカバザクラ、壁と天井は桜色を忍ばせた白い塗装。
春の桜の季節以外でも、淡い桜色の光に空間が包まれます。

右の写真はキッチン側をふりかえったところです。
今は、キッチンの手前にカバザクラのダイニングテーブルが置かれています。
視線が住まいのずっと奥まで通り、どこにいても家族の気配が感じられます。


    ・   ・   ・

今年も残すところあとわずかとなりましたね。
師走はとても忙しく(まだ仕事がおわっていません・・・)、コラムの更新等が滞ってしまいましたが、来年も少しずつ我々の手がけた住まいをご紹介したりしていきたいと思います。
2008年も引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

それでは皆さん、よいお年をお迎えください!

村上建築設計室

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
村上建築設計室 

時間が経つごとにその土地に根付いていく、そんな家を創ります

東京・青山にて夫婦で設計事務所を開設。機能的で自然な美しさを持つ、時に淘汰されない建築を目指しています。光や風、日常の瞬間が美しく感じられる空気感を大切にし、その空間に触れた人々が豊かで幸せになれるよう、少しでも貢献したいと思っています。

カテゴリ 「光が丘のサクラハウス」のコラム

トイレって・・・(2008/01/27 20:01)

長い部屋(2008/01/20 17:01)