NTTドコモがタワーレコードを子会社化の狙いとは? - アライアンス・事業提携 - 専門家プロファイル

萩原 貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長
大阪府
経営コンサルタント/起業家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

NTTドコモがタワーレコードを子会社化の狙いとは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. アライアンス・事業提携

NTTドコモは、従来からタワーレコードに出資をしており、

 


その比率を42.1%から50.3%にして子会社化するという。

 

 

 


現在、ドコモのHPによると

 


事業発展・創出型会社としてグループ会社が位置づけられている。

 

 

 


今回のタワーレコード子会社化の狙いは、

「dマーケット」で音楽CDを通信販売するため

 


であり、


ドコモのグループカテゴリではコンテンツ・インターネット分野に入っている。

 

また、先般 買収したらでぃっしゅぼーやは、

決済・商取引分野に入っている。


本業の通信事業が飛躍的成長分野ではないため

 こういった周辺関連企業を買収しながら、

再び成長軌道にのせていくしかない。


今やどんな事業においても

インターネットや通信が活用されているため
 

ほとんどの業種がNTTドコモの買収ターゲットになりうる。


 

今後も、NTTドコモが以外な企業を買収していく

可能性がおおいにある。


NTTドコモは

 

M&Aマーケットでの最大のバイヤーかもしれない。

 

このコラムに類似したコラム

日経記事;『米メディア大手ネット配信拡大DVDからシフト』考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2011/11/15 08:17)

日経記事;『リクルート、新興国でネット授業 英社を買収』に関する考 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2015/08/22 12:45)

日経記事;『角川、100円の新作電子書籍 安さで読者開拓』に関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2013/03/07 12:08)