防音と建築 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

防音と建築

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

木造住宅で完全に防音することは非常に難しいテーマです。遮音性能は物質の質量に関係している為です。

防音室を造ろうと思えば、分厚いコンクリートで床・壁・天井を覆ってしまうことです。そうすれば外に音は漏れません。
仮に真綿で床・壁・天井を覆っても殆ど音が小さくならず音が漏れてしまいます。
遮音性能を良くしようと思えば、重い物質で空間を構成する必要があるのです。防音室にグラスウールを壁の中に詰め込む人がいますが、これは殆ど意味がありません。

音を反響させない性能を吸音性能と云います。グラスウールは吸音性能に優れていますので、防音室の表面に張ることはありますが、これば防音の為ではりません。吸音の為です。
表面に張って初めて吸音効果を期待出来るのですから、壁の中にグラスウールを詰め込んでも意味の無い行為です。

木造住宅で防音室を作ろうと思えば、重たい物で部屋を包む事を考えます。プラスターボードはコンクリートに近い質量がありますので、プラスターボードを二重張りにしたりします。鉛板をサンドイッチしても効果は高まるでしょう。
出入り口にも鉛板を入れた建具が市販されています。あと、換気扇からも音は漏れます。大きな壁に穴を開けるタイプの換気扇は防音室には向きません。熱交換型の換気扇を取り付ける必要があります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

このコラムに類似したコラム

家造りにおけるブランド力 福味 健治 - 建築家(2013/04/03 06:58)

住宅密集地の光あふれる家のつくり方!「視線の抜け」 小木野 貴光 - 建築家(2011/09/12 11:26)

地盤調査 松永 隆文 - 建築家(2016/10/20 15:24)

昭和34年築の木造2階建民家を利用した居酒屋 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2016/08/27 22:31)

住宅完成見学会のお知らせ 大塚 泰子 - 建築家(2016/08/16 13:10)