住む地域の選び方 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住む地域の選び方

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
安心住まいのキーポイント
写真は数年前の新潟県六日町でのヒトコマ

豪雪地帯では雪かきをしないと軽自動車の後ろの家のように雪に覆われ倒壊するおそれも。。

最近の新築マンションなどは、同じ価格帯で都心でも郊外でも買える時代になりました。

みなさんが住む場所を選ぶポイントは?

・仕事や学校に近い

・おしゃれな街だから

・交通の便がよい

・住み慣れた街 育った街だから  などが多いかと思います。

これからは、「少子高齢化社会」「自治体の格差」から住む街のポイントが変りつつあります。


これからの住む地域の選び方



税金の格差を調べる 
同じ都道府県内の市・区同士差があるのでワーストランクに入る場所は注意しましょう。

福祉施策の有無を調べる 
高齢者・障害者の方にとっては重要なポイントです。
訪問医のシステムがあるか、デイサービスなどの施設・サービスは近場で充実しているか・・など

児童福祉施策が充実しているか 
犯罪の多い昨今、学校や地域の安全意識の高さや犯罪率を調べる。

災害に強い街か 
大地震に強いか否かは地盤と建物によりますが、災害後の対策がしっかりした街か否かで、高齢者や障害者の避難時の状況は一変します。
また、幕張新都心のように電線を地中埋設し、電柱のない街もこれからは魅力的ですね!


まだまだ変った住む地域の探し方はありますが、今回はこのへんで(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

マンションの盲点(2012/03/23 23:03)

狭小住宅の採光と照明 3(2009/09/29 20:09)

狭小住宅の採光と照明 2(2009/09/28 21:09)

狭小住宅の採光と照明 1(2009/09/22 18:09)